飯塚家と栃木

飯塚家が暮らした町、栃木市嘉右衛門町にある翁島別邸(岡田記念館)を会場に、講師には琅玕斎の孫であり、小玕斎の御息女である飯塚万里氏をお迎えします。講演会後は、呈茶と庭園をお楽しみください。

近代竹工芸の誕生~二代鳳斎と琅玕斎を中心に~

関連イベント

講演会「飯塚家と栃木」

日 時: 2013年4月20日(土) 14:00 ~ 16:30

場 所: 岡田記念館 翁島別邸

参加費: 600円

定 員: 30名

申込方法: 電話またはメール

申込締切: 4月17日(水)

申込み・問合せ: とちぎ蔵の街美術館

         TEL 0282-20-8228

         URL http://kuramuseum.com/

主催: とちぎ蔵の街美術館

かつて実用品とみなされていた竹工芸は、栃木市出身の飯塚鳳斎(二代)と琅玕斎によって、創造的な近代工芸の領域にまで高められました。唐物籠の伝統を受け継ぎつつ、古典的意匠に近代的な洗練を加えた二代鳳斎。新たな技法の数々によって、古典を超える独自のモダンで洒脱な作品を生み出した琅玕斎。この二人によって導かれた近代竹工芸への展開を、今回が初公開となるランディ コレクションから紹介します。

会議室空き状況
町ごと疎開・蔵の街とちぎプロジェクト