市民の社会参加を支えるチカラ ボランティアコーディネーション検定

ボランティアコーディネーション力検定では、ボランティア活動やコーディネーションの経験がある皆さんに幅広く受けてほしい3級から始まり、実務を進める上でも役立つ2級、専門的な知識やスキルを身につける1級と、3つのレベルを設定しています。一方、認定ボランティアコーディネーターは、ボランティアコーディネーションを業務で行う人の専門職としての資質向上を目的としたシステムです。

これからの実施要項はこちらから


会議室空き状況
町ごと疎開・蔵の街とちぎプロジェクト