協働推進研修会「女性の視点から考える防災」

とちぎ市民活動推進センターくらら

「男女ともに同じ立場(イコール)で一緒に社会を創っていく」

宮城県仙台市を拠点に、男女共同参画を目指す団体の支援や女性の視点からみる防災・災害復興対策に関する提言を行っている宗片恵美子さんにお話を伺います。

日 時:2014年1月29日(水) 13:30~15:30

場 所:栃木市皆川公民館

参加費:無料

定 員:100名(定員になり次第締切)

対 象:市民・NPO・行政・協働に関心のある方

申込方法:チラシ裏面の参加申込書をFAXまたはメール

申込み・問合せ:とちぎ市民活動推進センターくらら

        TEL 0282-20-7131 FAX 0282-20-7132

講師:宗片恵美子(NPO法人イコールネット仙台 代表理事)

男女共同参画社会の実現に向け幅広く取り組むとともに、男女共同参画を核としたネットワーク形成を目指し活動を行っている。仙台市男女共同参画推進センターエル・パーク仙台市民活動スペースの受託団体として市民活動の支援を担当。スタッフとして勤務。

2008年、仙台市内の女性を対象に「災害時における女性のニーズ調査」を実施した。今回の震災発生以降、避難所・仮設住宅の訪問を行い、女性の現状把握に努めるとともに、「洗濯代行ボランティア」や「被災女性のための語り合いサロン」等に取り組んできた。

2011年9月、「東日本大震災に伴う『震災と女性』に関する調査」を行い、「男女共同参画の視点からみる防災・災害復興対策に関する提言」をまとめた。さらに、2013年2月には、聞き取り集「40人の女性たちが語る東日本大震災」を発行した。

2011年6月、内閣府より男女共同参画に関する「女性のチャレンジ賞」を受賞。

仙台市防災会議委員、内閣府男女共同参画会議議員。

チラシ
協働推進研修会.pdf
PDFファイル 355.6 KB
会議室空き状況
町ごと疎開・蔵の街とちぎプロジェクト