NHKプロデューサー 塩田純講演会

谷中村の遺跡を守る会

日本国憲法はこうして生まれた~自由民権から新憲法へ~

明治10年代、栃木県では国会開設と憲法制定を求める自由民権運動がさかんい行われました。その中心となったのは、田中正造や栃木市吹上町出身の塩田奥造らでした。青年たちによって担われた自由民権運動の先に、田中正造による足尾鉱毒問題、谷中村廃村阻止の運動がありました。講演者の塩田純さんは、塩田奥造のひ孫のあたります。塩田純さんは、これまでプロデューサーとして田中正造や日本国憲法をテレビ番組にしてきました。今回は日本国憲法と平和国家誕生についてお話ししていただきます。

日時:2019年4月13日(土)午後1時半~午後4時(開場1時~)

場所:栃木市国府公民館

費用:入場無料

講師紹介:塩田純氏…1983年NHK入局。現在、文化・福祉番組部・総括プロデューサー。東アジアのなかで日本の近現代史を見つめ直すドキュメンタリーに取り組む。主な番組に、NHKスペシャル「東京裁判への道」(放送文化基金賞)、「日中戦争」(文化庁芸術祭大賞)、「日本国憲法誕生」(文化庁芸術祭優秀賞)、BSドキュメンタリー「アジアに生きる子どもたち お母さんに会いたい」(イタリア賞グラナロロ特別賞)、BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争」(放送文化基金最優秀賞、ATP賞最優秀賞)。個人として芸術選奨文科学大臣賞、放送人の会グランプリ、放送文化基金賞、を受賞。著書に「ガンディーを継いで 非暴力・不服従の系譜」「日本国憲法誕生 知られざる舞台裏」「尖閣諸島と日中外交 証言・日中米「秘密交渉」の真相」「9条誕生 平和国家はこうして生まれた」などがある。栃木の自由民権運動家、塩田奥造のひ孫にあたる。

 

後援:栃木市、栃木市教育委員会、宇都宮大学国際学部附属多文化共生圏センター

主催:谷中村の遺跡を守る会

お問合せ:080-5185-7696(高際) 090-5557-5405(大森)