令和元年度「ひきこもりからの回復」5回シリーズ学習講演会 第1回講演会のご案内

NPO法人とちぎベリー会

苦しんでいるのは自分だけじゃない。同じ立場のもの同士、仲間がいる実感をとおし、心の癒し、心のゆとりを持ちましょう。このゆとりが気付きにもつながり、関わりを変えるなど、状態に変化を生み出します。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:令和元年6月30日(日)午後1時30分~4時

会場:宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ(2階第2研修室)

参加費:会員1300円 非会員1500円(当事者は無料)(ご家族は1名以上500円)

講師:野中俊介(東京未来大学講師・臨床心理士・カウンセラー)

テーマ:なぜひきこもりが長期化するのか その理由と家族の役割

定員:50名

申込み・問い合せ:とちぎベリー会 阿久津福理事長 電話090-3900-5643 Eメールaku@sky.ucatv.ne.jp 携帯電話の場合極力ショートメールでお願いします

 

《学習会のスケジュール》※令和元年度6月を第1回として毎偶数月の後半日曜日に実施

第2回 8月18日(日)講師 高橋晋(カウンセラー・家族相談士・ひきこもり経験者)テーマ「カウンセリングの経験から見えてきたこと」(仮題)

第3回 10月13日(日)講師(ひきこもり当事者(経験者)を予定)テーマ「当事者の心理の理解…寄り添い」(仮題)

第4回 12月22日(日)講師 上田理香(カウンセラー・家族相談士・ひきこもり経験者)テーマ「本人の自立と周囲の支援のあり方」

第5回 2月の日程・講師・テーマにつきましては現在企画中です。

 

※5回通しの受講でなく、単発での受講も可能です。