全国被災地こども支援 3.11基金

認定NPO法人ジャパンカインドネス協会

2011年、東日本大震災の発生を受け、ジャパンカインドネス協会は「東北3.11基金」を立ち上げ、岩手・宮城・福島で被災した子どもやその保護者を支援する活動に対し、累計2,500万円を超える支援を行ってきました。

10年目にあたる2021年を機に助成対象の範囲を見直し、東日本大震災限定とせず、全国の被災地も含めた「全国被災地こども支援 3.11基金」として再スタートします。


対象団体:①東日本大震災の被災地(岩手、宮城、福島のいずれか)に拠点を置いている

②その他の被災地(気象庁が災害名称を定めた気象・震災が対象)

・地震による被害を受けた地域(2011年1月以降の被害)

・台風、豪雨による被害を受けた地域(2021年1月以降の被害)

 →①②のいずれかに該当し、さらに子どもの支援を行っている団体(子どもの居場所づくり、遊び場づくり、体験学習、学習支援など、子どもたちが自らの力で切り開いていける活動)

※法人格は問いません

助成額:1団体あたり 上限30万円 (総額100万円)

応募締切:2022年5月31日

詳細:https://www.jkkyoukai.com/311fund/