市民活動・ボランティア・助成金情報

公園・夢プラン大賞2020

一般社団法人 公園財団

公園で「実現した夢」「やりたい夢」を募集しています!

「実現した夢」部門

●応募条件●

・過去5年間(2016年1月1日以降)に、公園で実施されたイベントや活動とします。イベントや活動の主催者は問いませんが、市民が主体となり実施したイベントや活動とします。

・個人、グループ、団体、企業を問わず、どなたでも応募できます。自薦、他薦問いません。

・過去に「公園・夢プラン大賞」に応募したイベントや活動も応募できます(入賞・入選プランを除く)。

●応募方法●

・HPの応募フォームからご応募ください。

・応募用紙に必要事項を記入し、Eメールでお送りいただくこともできます。

・郵送でも応募も受け付けます。

・実施状況写真(3枚まで)は必ず添付してください。

●審査のポイント●

・イベントや活動にかけた思いが伝わってくるもの

・公園、地域や街の活性化にかかわったもの

●表彰●

最優秀賞:賞状+副賞(10万円のギフト券)×1本

優秀賞:賞状+副賞(5万円のギフト券)×2本

入選:賞状+副賞(1万円のギフト券)×5本

 

「やりたい夢」部門

●応募条件●

・どなたでも応募できます。

・応募プランは、実際に公園のイベントとして実現することがあります。

・応募プランの実現に際しては、内容の一部が変更される場合があります。

・指定管理者等、公園管理に携わる方のアイデアも大歓迎です。

●応募方法●

・HPの応募フォームからご応募ください。

・応募用紙に必要事項を記入し、Eメールでお送りいただくこともできます。

・郵送、FAXでの応募も受け付けます。

●審査のポイント●

・やってみたくなる、参加したくなる新しいイベントのアイデア。

・公園の利用方法の新しい提案。

●表彰●

最優秀賞:賞状+副賞(5万円のギフト券)×1本

優秀賞:賞状+副賞(3万円のギフト券)×2本

入選:賞状+副賞(1万円のギフト券)×5本

 

ー結果発表ー

審査結果は12月上旬頃、「公園・夢プラン大賞」HP上で公開します(受賞者には直接お知らせします)。

 


〒112-0014 東京都文京区関口1-47-12江戸川橋2階

一般社団法人 公園財団「公園・夢プラン大賞」係宛

TEL:03-6674-1188(担当:大竹・高橋)

FAX:03-6674-1190

専用メールアドレス:yumeplan@prfj.or.jp

公式HP:https://yumeplan.prfj.or.jp/

地域を知り新しい自分を発見できるNPOインターンシップ

とちぎコミュニティ基金

参加したい若者募集中!


内容:2020年9月~12月の4ヶ月間(12日程度)、NPOでインターンシップを行う。※活動日は、団体のスケジュールと調整して決められます。※既存の容:2020年9月~12月の4ヶ月間(12日程度)、NPOでインターンシップを行う。※活動日は、団体のスケジュールと調整して決められます。※既存のプロジェクトの立ち上げなど、内容は選べます。

対象:栃木県内の大学生・専門学生などの若者または栃木県出身の若者など

定員:8人程度(申込が多数の場合は審査を行います)

奨励金:1日4000円程度(4ヶ月間12日で50000円)※活動をした分の交通費や活動にかかる費用分を奨励金としてお渡しします。

申込/問合せ:HPの申込フォームからお申し込みください。

https://www.tochicomi.org/subsidy/たかはら基金ー学生インターンシップ/

主催:とちぎコミュニティ基金

TEL:028-622-0021

住所:宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3F
※たかはら子ども未来基金のインターンシップ助成により実施します。

 

昨年度のインターンシップについて:2020年度の受入団体は7月下旬に発表される予定です。昨年の受入NPO団体と、参加学生の声です。

〇たかねざわぽかぽか食堂…地域の子ども食堂の運営サポートなど

〇NPO法人サシバの里自然学校…環境教育のプログラムや自然体験・整備の運営サポートなど

〇一般社団法人えんがお…多世代交流の居場所づくりや高齢者宅の困りごとサポートなど

〇子どもの居場所アットホームきよはら…子どもの生活や遊びを守る居場所のサポートなど

Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

Panasonic

NPO/NGOが持続発展的に社会変革に取り組めるよう、組織基盤の強化に助成します。


助成対象団体:

海外助成…新興国・途上国内で貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO。

国内助成…日本国内の貧困の解消、または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO

※法人格の有無や種類は問いません。一般社団法人・一般財団法人の場合は非営利型のみ。※財団規模1000万円いじょうの団体を想定していますが、要件ではありません。

 

助成対象事業:第3者の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを助成対象とし、次の2つのコースを設けて応援します。

・組織診断からはじめるコース…1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化計画を立案し、2年目以降に組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

・組織基盤強化コース…既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に基づいて、1年目から具体的な組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

※第三者とは、応募団体が選定するNGO/NPO支援機関やNGO/NPOの組織運営の実践者、またはNGO/NPOの経営支援の専門家等を指します。※「組織診断からはじめるコース」は、その後「組織基盤強化コース」に応募することが可能です。「組織基盤強化コース」は1年継続助成が可能です。いずれも継続助成の選考があります。

 

助成金額:「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円(1年目)/「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円(毎年)※助成総額は、「新規助成」「継続助成」合わせて、海外助成1500万円、国内助成1500万円。合計3000万円。

 

助成事業期間:「組織診断からはじめるコース」…2021年1月1日~8月31日(8ヶ月)、「組織基盤強化コース」…2021年1月1日~12月31日(1年間)

 

応募受付期間:2020年7月16日(木)~2020年7月31日(金)必着

 

ホームページ:https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_summary.html

 

お問い合わせ:ご相談、お問い合わせは「応募要項」「応募用紙」「手引」をご覧のうえ、事務局まで。月曜日から金曜日までの10時~17時に、電話かメールでお願います。※新型コロナウイルスの感染拡大抑制のため、在宅勤務をさせていただく場合があります。

 

海外助成 協働事務局 認定特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18アバコビル5階

TEL 03-5292-2911/FAX 03-5292-2912/E-mail pnsf-sdgs@janic.org

担当:伊藤、塚原、上出

 

国内助成 協働事務局 特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3日本橋MIビル1階

TEL 03-5623-5055/FAX 03-5623-5057/E-mail support-f@civilfund.org

担当:坂本、霜田

スズムシ・マツムシ無料配布

とちぎ鳴く虫愛好会

スズムシを育ててみませんか!


小学3年理科・9月の学習に「いろいろな昆虫の観察」という単元があります。鳴く虫(スズムシ・マツムシ・カンタン・キリギリス・クツワムシ等)を展示し、その生態と飼育方法についての講話と、スズムシやマツムシ(8匹×若干名)の無料配布を致します。涼しげな音色の鳴く虫を育ててみませんか?

 

日時:7月23日(木・祝)13:00~16:00

場所:とちぎ市民活動推進センターくらら 会議室(栃木市境町19-3)

持ち物:飼育用プラケース(深さ4cmほどに細かい鹿沼土を入れたもの)

問い合わせ:080-6564-0175(大塚)、0282-22-3477(小倉)

福祉のお仕事就職フェア2020・夏

栃木県、社会福祉法人栃木県社会福祉協議会

”あなた”が支えるとちぎの福祉


栃木県内の高齢・障害・児童施設との就職相談会

・職印募集の概要や職務内容など気軽に質問や相談が出来ます。

・福祉職未経験・無資格者も参加で来ます。

・雇用保険の求職活動実績の対象となります。

※保育施設希望者は、翌日7月19日(日)「保育のお仕事就職フェア2020・夏」にご参加ください。

参加無料/申込不要/履歴書不要/服装自由/入退場自由/託児あり(7日前までに要予約)

 

日時:令和2年7月18日(土)13:00~16:00 ※15:30受付終了

会場:とちぎ福祉プラザ(宇都宮市若草1-10-6)

対象者:福祉職に興味・関心のある方(令和3年3月大学等卒業予定の学生を含む、ただし高校生は除く)※感染症対策のため、マスクの着用をお願いいたします。

お問い合わせ:社会福祉法人 栃木県社会福祉協議会 福祉人材・研修センター

〒320-8508 宇都宮市若草1-10-6(とちぎ福祉プラザ3階)

TEL 028-643-5622 FAX 028-623-4963

 

主催:栃木県、社会福祉法人栃木県社会福祉協議会

共催:(福)全国社会福祉協議会

協力:(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構栃木支部、栃木労働局、宇都宮公共職業安定所、(公財)介護労働安定センター、(公社)栃木県看護協会

後援:厚生労働省(予定)

たかはら子ども未来基金学生インターン助成 募集要項(受入団体向け)

とちぎコミュニティ基金

参加団体募集中!


2020年度の助成事業:学生インターン助成は、若者とNPOや市民活動団体が共に成長できる仕組みを作ることを目的としています。学生が一定期間、NPOや市民活動団体にスタッフ見習いとして研修すること(=インターンシップ)の活動を応援します。学生に一定期間、奨励金を渡し活動することにって、若者の積極的な参加を促し、若者世代の継続的な応援者を増やすことを目標とします。学生の中には、奨学金の事情やアルバイトのために、ボランティア活動ができない学生がおり、そのような学生を応援する目的でこの部門が設立されました。また、今年度は学生を受け入れることで、日常業務のサポートだけでなく、特に既存の事業の発展や新規の事業の打ち上げを行える団体に助成します。

 

対象となる団体:

①子どもの食事と居場所を支える活動をする団体

例)こども食堂の運営支援、新規設立支援。

②子どもの学習を支える活動をする団体

例)無料学習支援、学びなおしの支援。学用品の物品支援など。

③子どもの体験を支える活動をする団体

例)自然体験や文化体験などの子どもの心の成長を支える活動を支援。

④若者の社会参加や就労、生活を支える活動をする団体

例)若者の居場所づくりや就労訓練プログラムを支える活動を支援。困窮学生支援。

⑤その他、子どもや若者の未来をつくる活動を支える団体

例)環境分野の団体で、子どもへの自然体験活動を行っている団体、国際協力分野の団体だが、若者の国際交流活動を行っている団体など。

 

助成する団体の条件:

・営利を目的とせず、公益的・社会的な活動をすでに1年以上継続的に行っている栃木県内のNPO・市民活動団体・ボランティア団体(法人格の有無は問わない)

・県南をのぞく、栃木県内全域を対象とし、特に県北の活動団体を優先して助成します。

・対象となる市町:矢板市、塩谷町、高根沢町、さくら市、大田原市、那須塩原市、那須町、那須烏山市、宇都宮市、上三川町、壬生町、日光市、鹿沼市、芳賀町、市貝町、益子町、茂木町、真岡町(該当する地域に事務所がある団体か、地域で活動している団体に助成する)

 

選考基準:

前出の条件を満たす団体の中から、以下の選考基準で選考いたします。

1.子どもや若者の未来の可能性を本気で応援したい団体

2.地域で必要とされ、一般の人に開かれて参加できる活動であること

3.助成を受けることで、活動の基盤を強化できる団体であること

4.学生のインターンシップを受け入れる体制が整っている団体であること

5.インターンシップの学生と一緒に、既存の事業の発展や新規の事業の立ち上げを行える団体であること

 

学生インターン部門の内容:

学生のインターンシップ(研修)の受入を希望する団体と、NPO活動に関心の高い学生をマッチングします。

 

内容:今年度は短期間の活動となり、9月~12月の4か月間になります。

・4ヶ月間12日ほど(1ヶ月3日程度×4ヶ月)、団体の必要な事務や、ボランティア活動を行っていただきます。

・学生インターン生は、1団体につき、1人または2人までを助成します。

・団体からの推薦者となる学生がいる場合は、その学生を優先します。

 

受入の魅力:団体にとって、学生のインターン生を受け入れることで、活動に新たな視点が持てるほか、新しい年齢層の参加を増やしたり、未来の担い手を育てたりできるなど、活動を発展させることが期待できます。

 

助成額について:

・助成額…学生に50000円をお渡しし、団体にも、50000をお渡しします。未来の担い手であるインターンシップの学生を育成していただく目的で、金額が変わりました。

・助成総額…800000円(最大でインターン生8人分と団体8団体分)。1団体に2人以上のインターン生を受け入れていただくこともあります。

 

審査と、団体と学生のマッチングの方法について:

今年度は、最大でインターン生8人分と団体8団体分に対して助成します。

①第一次審査(団体審査):選考基準を満たしている団体には、最大8団体程度までに、結果通知をお送りします。

②第二次審査(学生審査):選考基準を満たしている学生はマッチングに進みます。

③下記の手順で、マッチングを実施します。

A 団体にすでに関わっている学生がおり、このインターンシップの仕組みを活用したい場合は、そのマッチングを優先します。(学生にも申込みフォームから申込みいただきます)

B 団体に候補となる学生がおらず、また、学生が申込み時点で、その団体を希望している場合、このマッチングは成立となります。

C 団体に候補となる学生がおらず、学生の希望がなかった場合、今回はマッチング不成立となります。

④マッチングを行った上で、助成限度である8人の学生以上がマッチング成立した場合、審査委員会を通して審査を行い、最大8人の学生と、8団体に最終結果通知をお送りします。

※注意事項…第一次審査の時点で、8団体以上が選考基準に満たしている場合、②と③のマッチングまで行い、④の最終結果通知の時点で、落選となることもあります。あらかじめご了承ください。

 

特別追加枠について:

マッチングの時点で、団体への希望学生が多い場合には、団体が資金を調達すれば、学生にインターンシップに参加してもらえる「追加の枠組み」です。オリエンテーションや振り返り会など、同じ枠組みで行います。

(想定される例1)

→学生2人が団体Aにインターンを希望し、1人は助成金が通った場合、もう1人は特別枠として参加。

(想定される例2)

→学生1人が団体Bにインターンを希望したが、基金で通らなかった。だが、特別追加枠として、参加。

 

お問い合わせ:

お申し込みは下記の連絡先から、メール、郵送からお申し込みください。

とちぎコミュニティ基金(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク内)

担当:大木本・矢野

住所:〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3階

電話:028-622-0021

FAX」:028-623-6036

メール:info@tochicomi.org

HP:https://www.tochicomi.org

 

提出書類…申請用紙、活動の様子が分かる写真やチラシ、パンフレット等

日曜日・月曜日は事務所がお休みです。

第2回「学生応援きずなセット」食品配布会

NPO法人フードバンクうつのみや

先着200名、予約優先当日とびこみ可


 内容:学生(大学院生・大学生・専門学校生・短大生)を対象に『お米3kg・レトルト食品・乾麺など3~5日分の食品セット』を無償で200セット配布します。
(先着200名、予約優先当日とびこみ可) 

日時:2020/7/4(土) 11:00-16:00 
場所:宇都宮城址公園 ※お堀側入り口(宇都宮市本丸町) 
対象:宇都宮市内の学校に在籍する学生(大学院生・大学生・専門学校生・短大生) ※自力で取りに来られる場合は、市外の学校も対象です。 ★当日は、受取の際に【学生証】のご提示をお願いいたします。 

 

備考:紙袋に入れてお渡しします。重量がありますのでできるだけ自転車でお越しください。配送はできませんので、取りに来てください。

注意:コロナウィルス感染対策のため、発熱等体調に心配がある人は来所する前にご相談ください。マスク着用にご協力をお願いします。

 

※当日は、飛び込みでも受け付けますが、予約者優先ですので、お渡しできない可能性もあります。

※当日お渡しする食品は、地域の皆さまからのご寄付で賄われています。アレルギー等の個別の事情に関しましては、大変申し訳ございませんが、ご対応出来かねます。ご了承ください。 


▼お申し込みフォームはこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdG5jJVs-u9Pd0XT36yWJMQamP4LT7b7uV0gWZRsRtSrAIs8g/viewform

 

▼やさしい日本語(にほんご)のもうしこみフォーム(ふぉーむ)はこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd_OMg07hvfL8FAX5mTk_iyJXH87pjHFb07rXLfNVesBBsHvg/viewform

 

主催:NPO法人フードバンクうつのみや・宇都宮大学学生有志

協力:宇都宮大学地域デザインセンター・とちぎボランティアネットワーク

協賛:JU栃木
連絡先:NPO法人フードバンクうつのみや

TEL 028-348-3412 / 080-9669-2189 

Mail info@fbu2189.org

TOYO TIRE グループ環境保護基金 2021年度募集要項

公共財団法人日本フィランソロピー

本基金はTOYO TIREグループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチング方式を採っています。


助成対象とする団体・事業と助成枠:

01)公益に資する事業を計画している団体。

02)環境保護・環境保全関連の事業活動。

(1)里山・森林・緑化整備運動(2)生態系保護活動(3)水・河川環境保全活動(4)地域環境整備活動(5)リサイクル活動(6)環境教育・体験学習活動(7)啓発活動・イベント活動(8)研究・開発活動(9)その他

03)2021年4月1日から2022年3月31日までの間における1年間の事業活動。

04)助成金額上限:150万円

 

申請の対象としない基準:

01)営利を目的とする団体・事業

02)宗教上の活動を目的とする団体・事業

03)特定の政治上の主義を推進し、支持し、またこれに反対することを目的とする団体・事業

04)基金寄付者と特別な利害関係にあると判断される団体・事業

05)債務の弁済や基本財産の出捐(しゅつえん/金銭や品物を寄付すること)を目的とする団体・活動

06)個人事業

07)助成を受けた事業が完了していない、または、「年度助成事業実績報告書」を提出していない団体

08)活動実績が1年に満たない団体

09)過去3年間の決済平均収支が年間マイナス50万円以上の団体・事業

10)助成金額の事業費に占める割合が10%未満または90%超の団体・事業

 

助成の対象とならない経費:

団体が継続する限り恒常的に必要とする費用(スタッフの給与、団体事務所の家賃・駐車料金、電気代、水道代、光熱費、債務等)や団体の構成員による会合の飲食費、スタッフのユニフォーム等は助成金の対象としない。

 

助成金の全額または一部を返還要請する場合の適用基準:

1.助成金を、対象事業以外または対象経費以外に使用したとき

2.「年度助成事業実績報告書」を活動終了3か月以内に提出しなかったとき

3.助成した事業が中止、あるいは助成期間終了後、消費されていない助成金があるとき

4.申請書提出期限の計画から大幅に変更になるときや、変更により所期の成果が達成されないとき

 

募集期間:2020年7月1日(水)~9月30日(水)当日消印有効

 

提出物:申請書、定款、役員名簿、最新の事業報告書および本年度の事業計画書、最新の収支報告書および本年度の予算計画書、法人のパンフレットなど

 

 提出方法:下記送り先まで送付してください。なお、お送りいただいた申請書類は返却いたしません。

〈申請書送り先〉100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区

公益社団法人日本フィランソロピー協会「ブリヂストンBSmile募金」事務局

電話:03-5205-7580

審査結果:2020年12月中に応募団体に通知いたします。

 

▼詳細はホームページをご覧ください。

https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/

ブリジストンBSmile募金 2020年支援団体募集要項

公益財団法人日本フィランソロピー協会

our way to serve


助成対象とする団体・事業と助成枠:

(1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施していること)

(2)ブリヂストンのグローバルCSR体系「Our Way to Serve」の3つの重点領域に該当し、SDGsの達成などに向けた社会課題の解決に取り組む団体・事業=3つの重点領域=

「Mobility(モビリティ)」:多様な移動ニーズに応える/モビリティの進化に貢献する/安全・安心な移動を支える

「People(一人ひとりの生活)」:安全・安心な暮らしを支える/次世代の学びを支える/地域の健やかな暮らしを支える

「Environment(環境)」:自然と共生する/資源を大切に使う/CO2を減らす

詳細は、株式会社ブリヂストンのウェブサイトをご覧ください。※このほか、新型コロナウイルス関連の支援活動を行う団体も応募可能です。

(3)2021年1月1日から2021年12月31日までの間における1年間の事業活動。

(4)助成金額上限:1団体につき100万円、助成総額:200万円

 

申請の対象としない基準 :

(1)宗教法人、政治・宗教・思想・営利等を目的とした団体・活動

(2)反社会的勢力に該当している、もしくは反社会的勢力と関係を有している団体・活動

(3)債務の弁済や基本財産の出捐(しゅつえん/金銭や品物を寄付すること)を目的とする団体・活動

(4)株式会社ブリヂストンが寄付している団体・活動(災害支援時の団体・活動は除く)

(5)寄付の継続を活動の前提にしている団体・活動

(6)支援を受けた活動が完了していない、または「報告書」を提出していない団体・活動

(7)個人への支援を目的にした活動

(8)日本国内の銀行に普通預金または当座預金口座を有していない団体

 

助成の対象とならない経費:

団体が継続する限り恒常的に必要とする費用(スタッフの給与、団体事務所の家賃・駐車料金、電気代、水道代、光熱費、債務等)や団体の構成員による会合の飲食費、スタッフのユニフォーム等は助成金の対象としない。

 

助成金の全額または一部を返還要請する場合の適用基準:

1.助成金を、対象事業以外または対象経費以外に使用したとき

2.「年度助成事業実績報告書」を活動終了3か月以内に提出しなかったとき

3.助成した事業が中止、あるいは助成期間終了後、消費されていない助成金があるとき

4.申請書提出期限の計画から大幅に変更になるときや、変更により所期の成果が達成されないとき

募集期間:2020年6月22日(月)~8月7日(金)当日消印有効

提出書類:申請書、定款、役員名簿、最新の事業報告書および2020年度の事業計画書、最新の収支報告書および2020年度の予算計画書

 

提出方法:下記送り先まで送付してください。なお、お送りいただいた申請書類は返却いたしません。

〈申請書送り先〉100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区

公益社団法人日本フィランソロピー協会「ブリヂストンBSmile募金」事務局

電話:03-5205-7580

審査結果:2020年12月中に応募団体に通知いたします。

 

▼詳細はホームページをご覧下さい。

https://www.philanthropy.or.jp/bridgestone/

新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金

公益財団法人東京コミュニティー財団、READYFOR株式会社

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む活動に対し、いち早く資金を届けるための基金が立ち上がりました。助成を必要としている団体を公募・審査の上、皆さまからいただいた支援を活動資金として届けます。


基金の目的

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威が

日に日に全世界に影響を及ぼしている中、

国内においても感染者が増加の一途をたどっています。

新型コロナウイルスの拡大防止に取り組む活動を

支援するため、「新型コロナウイルス感染症:

拡大防止活動基金 有志の会(代表発起人:小坂健)」が

主体となり本基金を設立いたしました。

新型コロナウイルスに対し最前線で取り組まれる

医療機関等への直接の支援、または同機関への

必要物資・医療用防護具・医療器具などの支援活動、

新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたち等への

支援活動、新型コロナウイルスに関わる研究・

開発費用など、今まさに支援を必要とする分野への

迅速な支援を行います。

 助成対象

日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に

取り組む、個人・団体・事業者・医療機関・自治体等に

対して、下記のような活動費用を助成します。

1.介護施設、障害者施設、保育所、学校、放課後

学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用

2.医療機関へのマスクや手袋、ガウンなどの医療用

防護具、水や毛布などの救援物資、人工呼吸器やベッド

などの医療器具の支援費用

3.医療用防護具、医療器具などを生産するための事業経費

4.保健所、医療機関、介護施設、障がい者施設、

保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス

感染症対応に関わる人件費

5.新型コロナウイルス拡大感染症の影響を受け、

社会的孤立が懸念される子ども、青少年、保護者、

高齢者、低所得者などを支援する個人・団体等の活動費用

6.新型コロナウイルス感染症の予防、診断、

治療のための研究・開発費用

7.その他、各個人・団体・事業者・医療機関・

自治体などが新型コロナウイルス感染症対応を

実施する上で発生する費用

・上記に掲げた内容の中から、2020年1月から

2020年12月に発生する費用を対象とします(発注・契約等含む)。

応募資格

・新型コロナウイルス感染症の対応及び拡大防止に

取り組む、個人・任意団体・特定非営利活動法人

(NPO)・社会福祉法人・事業者・医療機関・自治体など

・日本国内に拠点がある団体

・反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員で

なくなった時から5年を経過しない者、

暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、

社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、

その他これらに準ずる者をいう。)に該当しないこと

選考・助成のスケジュール

 本基金による助成は第1期〜第4期を計画しており、

助成先の決定はそれぞれ下記のスケジュールを

予定しております。

・助成申請受付期間:

2020年4月3日(金)~7月2日(木)(90日間)

・助成決定時期:

 第1期 決定時期:2020年4月15日(水)頃

 第2期 決定時期:2020年5月13日(水)頃

 第3期 決定時期:2020年6月11日(木)頃

 第4期 決定時期:2020年7月16日(木)頃

※日時は予告なく変更する可能性がございます。

・助成先の決定通知:申請いただき次第、

順次審査を行って参ります。助成を決定した場合、

本基金より速やかにメールにて通知いたします。

・助成金の支払時期:助成決定の通知から

1週間後を目安にご指定口座への入金を行う

予定です。

・不採択通知は、2020年7月17日(金)頃

を目安に本基金よりメールにて行うことを

予定しております。 

助成金額及び助成件数

・助成総額(予定):5億円程度を想定

・助成件数(予定) :100~150件程度を想定

・助成1件あたり助成額目安:200万円程度~5,000万円程度

 ※申請額は対象事業に要する費用全般/全額をご申請いただいても問題ございません。

ただし、助成決定の場合でも内訳を拝見し、申請額の一部助成になる場合もございます。

※助成に対する申請状況、審査・助成決定の状況により助成件数等は変更される場合があります。

※目安を超えた申請、また下回るご申請も可能です。ご相談ください。

選考の観点

選考に当たっては、本基金の目的等を踏まえ以下の

観点から審査を行います。

・事業の公益性/有効性/緊急性/実現性

・助成要件への適合性

・団体の信頼性/発展性

・助成金の必要性

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況などにより

活動の必要性・優先度が変化し、選考にも影響する

可能性があります。

※同一事業に対する、国・自治体、その他の団体が

実施する各種助成金に対する並行申請は原則可とします(助成金の必要性に関して審査でお伺いさせて頂く場合があります)。

選考の流れ

申し込みフォームにて団体情報・申請事業を

ご記載ください。申請内容をもとに順次審査

させていただきます。

審査状況に応じて、質問票での追加ご質問や、

オンライン面談での簡易ヒアリングをお願い

する場合がございます。

審査を経て、東京コミュニティー財団の理事会に

よって承認・助成決定した団体には、メールにて

決定連絡させていただきます。※選考状況について

の個別回答はできかねますのでご了承ください。 

お問合せ先

・本募集要項、申請方法等について

 基金運営事務局(READYFOR株式会社内)

 事務局メールアドレス grant_covid@readyfor.jp

・本基金の設立目的等について

 公益財団法人東京コミュニティー財団

 事務局メールアドレス  jimukyoku@tmcf.or.jp

詳細はホームページをご覧ください。

申込みフォーム・募集要項はこちら)

新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援プログラム

Yahoo!基金


助成プログラムの内容

[1]医療従事者支援

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、

患者の対応を行う医療従事者や軽症患者の

受入先で従事する方々を支えるために取り組む

ことや医療現場での個別のニーズをサポートする

ために非営利団体からの市民活動を支援します。

[2]感染防止活動支援

臨時休校や図書館・児童館の利用も中止となり、

子どもたちの学習面へおよぼす影響も懸念されています。

オンラインへの移行が進められる中、オンライン学習に

対応できず、教育格差が生じてしまうことや各種

サービスへのアクセスができず、医療・情報格差が

生じてしまうことを防ぐ活動を支援します。

また、オンラインでの情報を提供できる環境を

早期に整えるため、コンテンツの制作など

オンラインへの移行を支援します。

助成の対象となる活動

 国内を対象として、活動を行う非営利団体・

医療法人(病院・介護施設・医療系協会など)

※法人格は問いません

 

以下、参考例であり、助成の対象となる

活動を限定するものではありません。

[1]医療従事者支援

・必要とする医療用品の購入発送

(医療用防護具・医療器具・衛生用品・テントなど)

・心身ケアを行う上で発生する支援

(子どもの預かり・メンタルケア・宿泊など)

その他の医療現場のニーズに合わせた支援

[2]感染防止活動支援

オンライン教育などのコンテンツ制作・配信

オンライン教育などを受けるためのPC・タブレット購入

助成金額

1団体あたり助成額上限100万円

助成総額1,000万円まで採択

※助成総額に達し次第、本プログラムは終了いたします

募集期間

2020年4月28日(火)~2020年6月30日(火)

助成対象期間

助成金振込後最長3カ月

2020年1月16日以降の緊急支援活動が対象です。

応募日時点で、活動中、今後活動予定のものに限り、助成対象とします。

※助成不通過後の再応募を受け付けます

審査・助成の流れ

助成は、隔週毎に応募を締め切り、審査〜助成決定を行います。

【第1回】応募受付:4/28(火)〜5/15(金) 助成金振込予定:5/29(金)

【第2回】応募受付:5/16(土)〜5/31(日) 助成金振込予定:6/15(月)

【第3回】応募受付:6/01(月)〜6/15(月) 助成金振込予定:6/30(火)

【第4回】応募受付:6/16(火)〜6/30(火) 助成金振込予定:7/15(水)

※提出書類に基づく書類審査の上、助成可否を決定します

※審査中に電話等によるヒアリングをお願いする場合があります

※審査の進捗によっては、助成金の支払いが予定通り進まない場合があります

※締切日までに契約書(申込書)の提出がない場合、助成を辞退したものとみなします

応募に必要な書類

・所定の応募用紙(「応募方法」よりダウンロードしてください)

・団体規約(会則、定款でも可)

・役員名簿(任意団体の場合は、代表・副代表・会計担当がわかる名簿)

・前年度の決算報告書(もしくは収支状況が分かるもの)

(まだ準備できてない場合は、2018年度の決算報告書+2019年度の活動内容がわかるもの)

※所定の応募用紙以外の必要書類は団体ホームページに掲載されていることを推奨、申請書上にそのURLを記載してください

助成対象とならない活動

・助成対象の活動に直接関係のない団体経費

・助成対象の活動に直接関係のない汎用性の高い備品および機材の購入、設備投資

・団体役職員および会員の飲食・娯楽にかかる経費

・領収書やレシートが存在しない経費

・支払い先が自団体名となる経費

助成対象とならない活動

・団体の経常的な活動(総会開催、会報の配信等)

・特定の企業・団体または個人の利益につながる活動

・本助成金を原資に助成または寄付を支払う活動

・政治、宗教活動を目的とした活動

・反社会的勢力と関わりがある活動

助成を受けるにあたっての義務

・団体ホームページ等でYahoo!基金から助成を受けたことを外部公表すること

・活動状況をホームページ、ブログ、SNS等を通じて随時インターネット上で公表し、誰でもその活動の進捗内容がわかるようにすること

・活動終了後に完了報告書と領収証とともに収支報告書を提出すること(書式はYahoo!基金より提示)

・助成金を送金する口座は、団体として管理する「団体名の入った口座」であること

・当該助成金に残額が生じた場合は返金すること

・提出物等の期日を厳守すること

※Yahoo!基金のホームページ上で、助成先団体として団体の名称、助成金額、活動状況等を公表します

※Yahoo!基金理事・事務局による取材、現地訪問の受け入れをお願いする場合があります

助成金の取り消しについて

助成決定あるいは助成金の交付を受けていても、次の事項に該当する場合には、助成決定を取り消す、または助成金の返還を求めることができるものとします。

・助成事業を実施しない/実施する意思が認められない/事業の継続ができない

・活動終了後の報告書が提出されない/ホームページ等での報告公表への協力が得られない

・応募書類、報告書等提出書類に虚偽の記載があった

・助成対象の活動以外に使用した

・助成対象とならない活動もしくは経費項目に使用した

・活動内容、体制、助成金の使いみち等を事前相談がないまま変更した

・助成金の使途に不明瞭な点があった

・Yahoo!基金の信用を毀損する行為を行った

・法令ならびに公序良俗への違反・違反の恐れが生じた

・助成条件への違反・違反の恐れが生じ、是

・正を求められたにもかかわらず、速やかにこれを是正しなかった

・反社会的勢力であること、または反社会的勢力と関与したことが判明した

・その他、Yahoo!基金で不適当と認められる事象が発見された

応募方法

応募は、必要書類を揃え、電子メールにて事務局へ提出してください。郵送での提出は受付いたしません。

(1)応募書類

所定の応募用紙をダウンロードし、応募用紙とその他必要書類をご準備ください。

応募用紙はこちら(ZIP形式による圧縮ファイル:Microsoft Excel形式文書)

書類は、ZIP形式で圧縮ファイルにしたものをメールに添付するか、各種クラウドストレージサービスをご利用ください。

(2)メール件名

【応募】〇〇〇〇(貴団体名称)

(3)応募先アドレス

kikin-josei-master@mail.yahoo.co.jp

お問合せ

本助成プログラムに関するご質問やお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

詳細はホームページをご覧ください。

~あぁ あの子はだいじかな?元気かな?~赤い羽根とちぎ 子どもと家族の緊急支援

社会福祉法人 栃木県共同募金会

新型コロナウイルス感染症 地域の緊急支援活動をみんなで支えあおう


ご寄付のお願い

お預かりした募金は子どもと家族を支える団体や地域の困りごとの解決のために活動する団体の支援に活用させていただきます。助成決定団体は

募集期間:令和2年5月15日(金)から6月末日まで

 

ご寄付の方法:

①Web等で寄附

②銀行振り込み 00180-4-568911 社会福祉法人栃木県共同募金会

 

※ゆうちょ銀行窓口での振込手数料は無料です。

※ご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付として、法人税・所得税の税制上の優遇措置がございます。

※銀行振込を行った方で領収書を希望される方は別紙「領収書希望書」を本会まで送付ください。

 

【お問い合わせ先】

社会福祉法人 栃木県共同募金会

〒320-8508 栃木県共同募金会

TEL 028-622-6694 FAX 028-625-9643

E-mail kyoudoubo@akaihane-tochigi.or.jp

 

ホームページ:http://www.akaihane-tochigi.or.jp/

令和2年度 赤い羽根おうえんプロジェクト

栃木福祉法人栃木県共同募金会

応援したい取り組みを、あなたが選べる赤い羽根募金


「赤い羽根おうえんプロジェクト」とは

福祉に係る社会課題・地域課題の解決や改善に取り組むNPO法人や社会福祉法人、任意団体等が、プロジェクトの参加団体として県共同募金会と連携しながら、主体的に共同募金運動を展開し、共感と応援と寄付を募る赤い羽根共同募金です。活動資金と支援の輪の広がりを、福祉に係る諸課題解決に活かしたい団体からの申請を募集しています。

 

☆寄付者にとっては、赤い羽根共同募金を通じて、特に応援したい団体や活動を選んで寄付できる「使途選択型の共同募金」となります。

 

※配分の対象となる活動分野や参加団体の要件、配分額の算出方法等の詳細につきましては、栃木県共同募金会のホームページにある「参加団体募集要項」をご覧ください。

 

今年度の募集期間:令和2年6月30日(水)まで

参加申請先・お問い合わせ先:社会福祉法人栃木県共同募金会

〒320-8508 宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ内

担当:池田(日本ファンドレイジング協会 認定ファンドレイザー)

電話:028-622-6694

 

最大10万円補助! とちぎユースチャレンジ応援事業

栃木県

若者の若者による若者のための取組を応援します


とちぎユースチャレンジ応援事業とは:若者のみなさんが自ら考えた企画の実行を応援するため、活動費の補助として最大10万円を支給します。さらに、企画に関連したアドバイザーを派遣します。

 

応募資格:栃木県内の若者(おおむね18歳から30歳までの方)2人以上が中心となって活動する団体・グループ。※過去に参加した団体についても応募可能(前回の課題解決を踏まえた企画に限る。)ですが2か年を限度とします。

 

募集する企画提案:青少年の健全育成に資するもの(例:青少年の活動の場づくり・居場所づくりに係る取組、青少年が抱える困難な状況の改善につながる取組等)

 

応募方法:所定の提出書類に必要事項を記載の上、チラシ表面に記載の提出先宛て郵送または持参。

 

募集期間:令和2年(2020)年4月20日(月)から令和2(2020)年6月19日(金)【午後5:00必着】まで。

 

提出書類(各1部):企画提案書(様式1)/応募団体等の概要(様式2)/事業計画書(様式3)/収支計画書(様式4)/誓約書(様式5)/その他参考資料(団体等の紹介パンフレット等)※各種様式は栃木県ホームページからダウンロードできます。(URLはチラシ表面参照)

 

選定方法:

1次審査(書類審査)…書類による書類審査とし、結果は応募された全ての団体に令和2(2020)年7月1日(水)までに通知

2次審査(プレゼンテーション)…1次審査を通過した後、選定委員会において実施(企画内容の説明:5分、委員からの質疑:15分程度)。説明には、企画提案書のほか、補足資料としてA4用紙2枚(片面)まで使用可。

日時:令和2(2020)年7月5日(日)午前9:30から

場所:とちぎ青少年センター第1、2研修室(宇都宮市駒生1-1-6)

 

事業の決定及び実施:選考結果は、2次審査(プレゼンテーション)終了時にお知らせします。→選考された団体等は、スタートアップ研修に参加(選考されなかった団体で研修参加を希望する場合は要相談)

 

お問い合わせ先:栃木県 県民生活部 人権・青少年男女参画課 青少年育成担当

TEL 028-623-3076/FAX 028-623-3150/E-mail seishonen-danjo@pref.tochigi.jp

 

ホームページ:http://www.pref.tochigi.lg.jp/c07/r2youthchallenge.html

ソニー音楽財団 子ども音楽基金

公共財団法人ソニー音楽財団

感動する心を育てる―ソニー音楽財団は、子どもの音楽活動を支援します。


助成の対象:

・日本国内の18歳未満の子どもを対象に、音楽を通じた教育活動に取り組んでいる国内の団体および活動

・法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動するための体制が整っている団体およびその活動。

 

助成金額:1団体につき、10万円~300万円/年度

・活動内容や活動規模および申請額に基づき金額を決定します。

・助成対象となる経費など、詳細はウェブサイト(www.smf.or.jp/kok/)

 

助成対象期間:2021年4月1日~2022年3月31日

※原則として期間は1年間としますが、活動が複数年にわたる場合は、継続して助成を行う場合があります。その場合は、年度毎に再度応募書類をご提出いただいた上で、助成継続可否の審査を行います。

 

選考:書類選考の後、選考委員で構成された選考委員会の審査を経て、当財団理事会にて決定します。

 

選考基準:以下に基づき審査を行います。

・子どもへの音楽を通した教育の促進に貢献する事業・活動であるか。

・活動の目的が明確であり、妥当性、適時性があるか。

・緊急性の高い活動内容であるか。

・活動の組織体制、スケジュール、予算が適切であり実際に実現可能なものか。

・助成終了後においても活動を継続するための計画性・実現性があり、将来の発展が見込めるものか。

 

応募方法:Eメールにてご応募ください。

・作成した必要書類を全てPDF化して添付の上、kok@sonymusic.co.jpまでお送りください。

・ファックス、お持ち込みによる応募は受付できません。

・Eメールでの応募が難しい場合は、作成した応募用紙、添付書類を印刷の上、ソニー音楽財団宛にご郵送ください。

 

応募締切:2020年6月19日(金)必着

 

ご応募にあたり:

・応募の前に、「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」ウェブサイト(www.smf.or.jp/kok/)にて詳細をご確認ください。

・一度応募された書類の差し替えは、受付できません。

・書類受付時や選考中に、必要に応じて当財団より電話・メールなどでヒアリングをさせていただく場合があります。

・採択団体は、助成金額をはじめ団体名・代表者・所在地・活動内容を公表させていただきます。

・採択結果に関するお問い合わせにはお答えしかねます。

 

応募・お問い合わせ先:〒102-8353 東京都千代田区六番町4-5SME六番町ビル 公益財団法人ソニー音楽財団「子ども音楽基金」係

Eメール:kok@sonymusic.co.jp

 

子ども音楽基金ウェブサイト:www.smf.or.jp/kok/

第44回 栃木合唱団定期演奏会

栃木合唱団

美しい音色を聴きに行きましょう。


日にち:2020年6月6日(土)

場所:栃木市栃木文化会館 大ホール

時間:14:00開演

費用:無料(全席自由)

曲目:「Ave Maria」歌い比べ聴き比べ/作曲家大中恩さんを偲んで「移ろうもの」「秋の女よ」/混声合唱とピアノのための「花に寄せて」 他

指揮:大塚道子

ピアノ:澤村恵子

問合せ:栃木合唱団 木村典正(090-7739-6780) 岡本文子(0282-23-1686)

くらら再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点よりしばらく閉館させていただいておりましたが、5月18日(月)からくららを開館いたします。利用にあたっては、下記の通り対応させていただきます。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

〇開館時間(通常開館時間に戻ります

・月曜日から土曜日・・・午前10時から午後9時まで

・日曜日及び祝日 ・・・午前10時から午後5時まで

・水曜日休館

※ただし、新型コロナウイルスの状況によっては、急な変更もございます

 

〇注意事項

・利用時にはマスクをするよう心がける

・歌ったり大声を出さない

・手洗い、うがい、咳エチケット(手で抑える、ハンカチを当てる等)を徹底する

・こまめに換気する

・熱がある、咳が出る、だるいなど、体調に異常を感じる場合は、利用を自粛する

・設置されているアルコールによる除菌をこころがける

・館内で飲食をしない

・(どうしても必要な場合を除き)利用の延期や中止を検討する

・利用する場合もなるべく滞在時間を減らす

(2020年5月17日(日)更新)

くららの利用に関するお知らせ(栃木市ホームページ)