市民活動・ボランティア・助成金情報

2019年

1月

13日

ボランティア募集・子供が楽しく行きたくなる学び場

デモクラティックスクールつながるひろば

「子供が楽しく行きたくなる学び場」を開催します。

 

日時:2019年1月13日(日)13:30~17:00

会場:未定(12月13日ごろ決定します)

 

募集ボランティア内容

・英語、ネパール語、ポルトガル語、中国語など語学ができる方
・イベント運営(上映会、お話会など、チラシ作り、託児など)
・Facebook記事シェア、チラシ設置、配布などの広報
・自分の専門性、特技、趣味を生かしたい方
・子供と一緒に活動したい学生、若者
・活動募金(子どもの体験活動費、紙や印刷など運営費)
 

ご興味ある方、ご連絡ください。

メール:tunagaru.hiroba@gmail.com(宇賀神)

2018年

12月

14日

全日本社会貢献団体機構 2019年度 助成事業

全日本社会貢献団体機構

今日の社会に最も必要とされる研究や事業に助成する活動は、当機構の設立趣旨の根幹であり、中心的な事業です。

2019年度は、下記の2分野において助成します。

1.子どもの健全育成支援

2.災害復興コミュニティ支援(東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震、九州北部豪雨、西日本豪雨、台風など)

 

申請期間:2018年11月12日(月)~2018年12月14日(金)17:00原本・データ必着

助成対象事業:

1.子どもの健全育成支援事業(概ね18歳以下の子どもを対象とする事業・研究)

助成限度額…1件250万円

2.災害復興コミュニティ支援事業(東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震、九州北部豪雨、西日本豪雨、台風)

助成限度額…1件250万円

 

対象期間:原則として2019年4月~2020年3月に展開する事業

所定の申請書に記入・押印した原本を郵送し、同時に申請書のデータをjosei-jigyo@ajosc.org宛にメールに添付し送ってください。申請書はホームページからダウンロードできます。

問合せ先:全日本社会貢献団体機構

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町16市ヶ谷見附ハイム103

TEL 03-5227-1047 FAX 03-5227-1049

2018年

12月

08日

オトコの家事・介護 知ってよかった「キホンのキ」

栃木県とちぎ男女共同参画センター

高齢化が進む現在、突発的に親や配偶者の介護に直面するかもしれません。今のうちから介護や家事の知識を身につけ、仕事と家事の両立や自分自身のライフプランについて考えてみませんか?

第1回 12/1(土)13:00~16:30 パルティ研究室302

①「知ってトクする!介護の基本とワーク・ライフ・バランス」

講師:蔵本孝治氏(明治安田システム・テクノロジー株式会社 介護の広場事業部門 介護相談員)

②「介護体験」…ベットから車椅子への移動や起き上がりの介助等

講師:日本赤十字社栃木県支部 健康生活指導員

 

第2回 12/8(土)10:00~14:00 パルティ調理実習室

「手軽で簡単、男の手料理!パパっとキッチン」…通常食と介護職の調理実習

講師:福田信夫氏(IFC調理師専門学校 副校長)

※料理初心者の方も大歓迎です!

☆保育あり 1回200円/1人

 ☆講座の参加はどちらかでも可

 

定員:30名程度(先着順)

参加費:材料費※詳細はお問合せ下さい

対象:近い将来介護を担うことが見込まれる世代の男性

申込締切:11月17日(土)※保育の申込締切も同日

お申込・お問合せ先:とちぎ男女共同参画センター 事業推進課(パルティ内)

〒320-0071 宇都宮市野沢町4-1 

TEL 0282-665-8323

FAX 028-665-8325

お問合せ日時:9時~17時 火曜~土曜日(国民の祝日は除く)

ホームページ URL:http://www.parti.jp/

 

主催:栃木県とちぎ男女共同参画センター

2018年

12月

01日

イライラを笑顔に変えるアンガーマネジメント講座

(公益)とちぎ男女共同参画財団

仕事や家庭・人間関係でイライラ・モヤモヤしていませんか?「怒り」で後悔しないための誰もができる心理トレーニングを学んで笑顔の毎日を過ごしましょう。

日時:2018年12月1日(土)

   10時~15時

場所:パルティ とちぎ男女共同参画センター

対象:女性

受講料:2000円

保育:満1才以上の未就学児(1回保育料200円)

申込締切:11月1日(木)

定員:30名(定員を超えるお申し込みの場合は抽選となります。締切日から1週間程度で抽選結果を郵送します。)

内容:〇アンガーマネジメントとは?

   〇怒りの原因と発生機序

   〇知っておきたい3つの暗号

   〇怒りの対処法いろいろ

   〇怒りの体質改善いろいろ

   〇家庭や職場で使える褒め方・叱り方

   〇笑顔になれるホスピタリティを知ろう

講師:富沢三輪子(omageーオマージュー代表、アンガーマネジメントファシリテーター)

申込・問合せ:パルティ とちぎ男女共同参画センター(月曜・祝日休館)

       〒320ー0011 宇都宮市野沢町4-1(公財)とちぎ男女共同参画財団

       TEL028-665-7706(お問合せ時間午前9時~午後5時)

       FAX028-665-7722 

       HP http://www.parti.jp/

 

主催:(公益)とちぎ男女共同参画財団

2018年

11月

25日

平成30年度栃木市民特別講座 まちぐるみで認知症高齢者を支える

栃木市 栃木市社会福祉協議会 栃木市特別養護老人ホーム・養護老人ホーム連絡協議会

みんなで認知症や地域での支え合い方を知って考えましょう!

日にち:2018年11月25日(日)

時間:13時30分~15時50分

場所:栃木市都賀文化会館 

内容:第1部 基調講演「認知症予防と、なっても安心のまちづくり」

   講師:山口晴保氏(群馬大学名誉教授、認知症介護研究・研修東京センター センター長)

   第2部 事例報告「出会い ふれあい 支え合い~地域とつながるみんなの居場所~」

   講師:粂川妙子氏

定員:800名

※入場無料※申込不要※手話通訳・要約筆記あり

 

主催:栃木市、栃木市社会福祉協議会、栃木市特別養護老人ホーム・養護老人ホーム連絡協議会

後援:栃木市医師会、下都賀歯科医師会、栃木市薬剤師会、栃木市介護支援専門員連絡協議会、栃木市在宅介護サービス事業所連絡会

事務局:栃木市地域包括ケア推進課 TEL 0282-21-2244

    栃木市社会福祉協議会 TEL 0282-22-4457

    栃木市特別養護老人ホーム・養護老人ホーム連絡協議会 TEL 0282-29-3232

2018年

11月

25日

グローブパペット劇場・影絵(生演奏)

ART STAGEどんぐりら

栃木市文化祭参加ARTSTAGEどんぐりら プロデュース公演

日時:2018年11月25日(日)

   開演14:00 開場13:30

場所:栃木市栃木文化会館小ホール 栃木市旭町12-16

公演内容:グローブパペット劇場…ルドルフとクリスマスツリー

     影絵…くいしんぼうねこミミのぼうけん

出演:人形劇団 望ノ社/ダニエル・ウィッシーズ/矢内 世里

ピアノ演奏:菅野由加里/矢内 弘子

前売:大人1500円、子ども1000円 3才以上小学生迄、税込・全席自由

   当日券は300円増し

プレイガイド:栃木市栃木文化会館 0282-23-5678

       栃木市大平文化会館 0282-43-5232

チケット予約:アートステージどんぐりら

お問合せ:TEL/FAX 0282-22-1437

     E-mail  mail@dongurira.com 

主催:ART STAGE どんぐりら

共催:栃木市栃木文化団体連絡協議会 栃木市教育委員会

後援:栃木市

2018年

11月

24日

AA佐野グループ12周年 オープンスピーカーズミーティング「希望と喜び」

AA佐野グループ

お酒で悩んでいる方、その家族の方、どなたでも参加できます。保健、医療、福祉関係の方も大歓迎です。出入りは自由。参加費はありません。是非、お出かけください。お待ちしております。

日にち:2018年11月24日(土)

時間:10:00~15:40

場所:城山記念館 多目的室 栃木県佐野市若松町504

お問合せ:関東甲信越セントラルオフィス TEL 03-5957-3506

 

2018年

11月

20日

花王・ハートポケット倶楽部地域助成(栃木地区)

とちぎコミュニティ基金

花王㈱では社員有志による社会貢献寄付プログラム「ハートポケット倶楽部」を組織し、全国・地域のNPOを社員と企業で応援しています。今年は、栃木事業場のハートポケット倶楽部が、栃木県全域の全ての分野で活動するNPOや市民活動団体から、「心温まる活動」「地域で必要とされる活動」を対象に助成します。

〇「花王・ハートポケット倶楽部助成」について

花王㈱では社員有志による社会貢献寄付プログラム「ハートポケット倶楽部」を組織し、全国・地域のNPOを社員と企業で応援しています。今年は、栃木事業場のハートポケット倶楽部が、栃木県全域の全ての分野で活動するNPOや市民活動団体から、「心温まる活動」「地域で必要とされる活動」を対象に助成します。

 

〇助成内容

助成総額…49万円

助成団体…6団体

助成金額…

メイン助成:20万円=1団体、10万円=2団体

サブ助成:3万円=3団体

1次選考(書類審査)を通過した団体のうち、2次選考にもれた3団体にサブ助成として各3万円

 

〇選考までの流れ

◎応募受付開始…10月20日

◎応募用紙提出締切…11月20日必着

◎一次選考(書類選考)…12月中旬

◎二次選考(投票選考)…1月中旬

◎贈呈式・レセプション…3月頃

◎活動報告…助成金を使った様子を所定の書式で簡潔にご報告ください。

 

〇応募団体の条件

①営利を目的とせず、公益的・社会的な活動をすでに1年以上継続的に行っている栃木県内のNPO・市民活動団体・ボランティア団体(法人格の有無は問わない)

②昨年度「メイン助成」を受けた団体でないこと(1年お休みのあとの応募は可)。

※とちぎコミュニティ基金の「NPOデータバンク(CANPAN)」への登録は、今年度は必須ではありません。ただし、登録すると冠ファンド「とちぎゆめ基金」への応募資格、NPO春の合同寄付キャンペーン「寄付ハイク」への参加資格など様々な特典があります。登録・更新の方法については以下のホームページ(tochicomi.org)をご覧頂くか、事務局までお問い合わせください。

 

〇応募方法と選考基準

前出の条件を満たす団体のうち、以下のような選考基準で選考を行います。

(1)「心あたたまる栃木にするための思いや役割」について所定の申請書に書き、応募してください。

(2)先駆的であり、地域で必要とされ、一般の人に開かれ・参加できる活動であること

(3)花王・ハートポケット倶楽部に参加する社員により、高い支持を得た団体。

※なお、応募団体の皆さんの思いを栃木・全国のみなさんにお伝えしたいので、「心あたたまる栃木にするための思いや役割」については、とちコミのホームページで紹介しようと考えています。この点ご了承ください。

 

〇問合せ&申込み

認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク(事務局)

〒320-0027 宇都宮市塙田2-5-10共生ビル1階

TEL028-623-0021 FAX028-623-6036 Eメールtvnet1995@ybb.ne.jp

 

とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら

〒320-0032 宇都宮市昭和2-2-7

TEL028-623-3455 FAX028-623-3465 Eメールpopola@tochigi-vnpo.net

 

宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ

〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7

TEL028-661-2778 FAX028-689-2731 Eメールinfo@u-machipia.org

 

真岡市市民活動推進センター コラボ―レもおか

〒321-4507 真岡市石島893-15 真岡市二宮コミュニティセンター内

TEL0285-81-5522 FAX0285-81-5558 Eメールcollabo@trad.ocn.ne.jp

 

かぬま市民活動広場ふらっと

〒322-0054 鹿沼市下横町1302 まちなか交流プラザ1F

TEL0289-60-2212 FAX0289-60-2213 Eメールkanuma-flat@nifty.com

 

とちぎ市民活動推進センターくらら

〒328-0043 栃木市境町19-3(駅前庁舎1F)

TEL0282-20-7131 FAX0282-20-7132 Eメールkurara-tochigi@cc9.ne.jp    

2018年

11月

18日

コレッリ礼賛 伊太利亜から仏蘭西へ

西方音楽館友の会

「ムジカ・レセルヴァータ」による古楽アンサンブル。

ヨーロッパ全土に多大な影響力を及ぼしたコレッリのエッセンスがたっぷり詰まったトリオ・ソナタ、彼とほぼ同時代にローマで活躍したイギリス人作曲家、J.レーヴェンスクロフトのトリオ・ソナタ、G.Ph.テレマンの「6つのコレッリ風ソナタ」から第6番、そしてF.クープランがフランス様式とイタリア様式を見事に融合させたトリオ・ソナタの傑作「コレッリ賛」など、盛りだくさんな内容。

日にち:2018年11月18日(日)

時間:開場14:00 開演14:30

場所:西方音楽館 木洩れ日ホール

チケット:前売り3500円、当日4000円、学生1800円(25歳まで)

     ※全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮申し上げます。

曲目:A.コレッリ:トリオ・ソナタ ト調曲op.2-12/T.レイヴンスクロフト:トリオ・ソナタロ短調op.1-3/G.Ph.テレマン:コレッリ風ソナタ第6番ニ長調TWV42 D:8/J.Mルクレール:トリオ・ソナタニ長調op.13-2/F.クープラン:コレッリ賛 他

 

◇公開レッスン

内容:リコーダーとチェンバロの公開レッスン

時間:16:45~(コンサート後)/1人につき20~30分
受講料:3000円

※どなたでもご自由に無料で聴講できます。

 

主催:西方音楽館友の会

後援:栃木市教育委員会、とちぎ朝日、下野新聞社、栃木よみうり、栃木南部よみうり、東京新聞 

2018年

11月

17日

防災ママカフェ

(公益)とちぎ男女共同参画財団

子どもの”いのち”をい守れるママになろう

日時:2018年11月17日(土) 10時~12時

場所:パルティとちぎ男女共同参画センター

講師:かもん まゆさん((一社)スマートサバイバープロジェクト特別講師)

対象:子育て中のママ、パパ、プレママ、プレパパ、子育て支援者、関心のある方どなたでも
受講料:200円(テキスト代)
定員:40名(先着順)

一時保育:お子さん1人につき1回200円(満1才以上の未就学児)
お子さん同伴:1才未満の赤ちゃんや小学生は会場に同伴可

申込方法:電話・FAX・HPの申込フォームより または直接ご来館ください

申込締切:11月7日(水) 保育申込締切:10月31日(水)先着20名様

申込・問合せ:パルティ男女共同参画センター

       〒320ー0071 宇都宮市野沢町4-1 

       TEL028-665-7706(お問合せ時間9時~17時) FAX028-665-7722
       休館日 月曜・祝日  

 

主催:(公益)とちぎ男女共同参画財団

2018年

11月

11日

星めぐりの町

栃木市藤岡文化会館

名優・小林稔侍初主演作。演技派俳優が脇をかためて贈る、心の再生を描く感動作を是非ご覧ください。

日時:平成30年11月11日(日)

   第1回 開演10時30分(10時開場)

   第2回 開演14時(13時30分開場)

場所:藤岡文化会館ホール

料金:全席自由 500円

   ※3歳以上有料。2歳以下の方はご入場できません。※チケットは各回共通です。※前売で完売した場合、当日券の販売はありません。

チケット:9月1日(土)9時~ 販売開始

     藤岡文化会館 TEL0282-62-4351 9時~21時30分

    (夜間利用がない場合は17時30分まで)

     〒323-1104 栃木市藤岡町藤岡810 休館日:毎週月曜日(該当日が国民の祝日にあたる場合はその翌平日)

プレイガイド:栃木文化会館 TEL0282-23-5678

       都賀文化会館 TEL0282-27-8855

       大平文化会館 TEL0282-43-5232

       岩舟文化会館 TEL0282-55-7055

 

主催:栃木市藤岡文化会館

共催:栃木市教育委員会

2018年

11月

11日

平成30年度 日光市ひきこもり相談センターかがやき講演会「子どもの話を聞けていますか?」~家族が一番の支援者です~

日光市ひきこもり相談センターかがやき

一番苦しんでいるのは、ひきこもり当事者です。そして、身近にいるのは家族です。当事者の現状を認め理解することで、家族の心にゆとりが生まれ、関わり方を工夫すれば状況に変化を生み出します。

日にち:2018年11月11日(日)

時間:14時~16時

場所:日光市民活動支援センター 1階報徳ホール

   日光市今市304-1

対象者:ひきこもりに関心のある方、支援に関わっている方

講師:斉藤三枝子氏(特定非営利活動法人KHJとちぎベリー会理事長・栃木県子ども若者ひきこもり総合相談センター相談員・日本カウンセリング学会認定カウンセラー

参加料:無料

※参加ご希望の方は、裏面に必要事項をご記入の上、11月3日(土)までにお申し込みください。

お問合せ:日光市ひきこもり相談センターかがやき

     〒321-1261 日光市今市741

     電話 0282-25-5508 メール kagayaki@helen.ocn.ne.jp

 

主催:日光市ひきこもり相談センターかがやき

   ※日光市の委託を受けて「特定非営利活動法人おおきな木」が運営しています。

2018年

10月

31日

中央ろうきん若者応援ファンド

中央ろうきん社会貢献基金

社会的不利・困難を抱える若者の”はたらく”を応援する

1.対象となる事業(テーマ・活動)

家庭環境や経済状況、病気や障害などの諸事情による社会的不利・困難を抱え、不安定な就労や無業の状態にある若者(15~39歳)の”はたらく”を応援するために、多様な人・組織が連携して取り組む事業を対象とします。具体的には、以下の「テーマ」および「活動」に合致する事業を対象とします。

 

対象となるテーマ

【A】若者応援の出口をつくる、出口につなげるプログラム

 〔生活保護、生活支援、就労支援、中間的就労、雇用創出など〕

 ・他団体と連携し、ネットワークを組んで出口をつくる活動

 ・若者たちの暮らし・学びをサポートする新たな仕組みや場所をつくる場所など

【B】若者と社会をつなぐ支援者(スタッフ・ボランティア)を育てるプログラム

 〔人材育成、スキルアップ、支援者拡大など〕

 ・他の事例やプログラムを学び、スタッフがスキルアップするための活動

 ・地域の人の参加を促し、若者応援の担い手を広げていく活動など

 

対象となる活動

多様な人・組織が活動の分野や領域を越えて連携し、若者応援の仕組みやプログラムをスケールアップ・スケールアウトする活動〔新規事業の立上げも可とします〕。

〇新規プログラムの仕上げ〔今回初めて取り組む活動〕

〇既存事業のスケールアップ〔自団体の活動の質の向上や、量・エリアの拡大を目指す活動〕

〇既存事業のスケールアウト〔ノウハウの移転やモデル展開を図る活動〕

 

 

2.対象となる団体

上記1.の事業に取り組む市民団体で、以下のすべての要件を満たす団体。

〇営利を目的としない民間団体(NPO法人、任意団体など)であること。
〇1都7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)を主たる活動の場としている

〇団体として、代表者責任が明確であり、会計処理が適切に行われていること。

〇反社会勢力でないこと。

3.助成期間と金額、その資金使途

助成対象期間 2019年4月1日から翌年3月31日までの1年間
助成総額 概ね1300万円

助成金額 1団体あたり50万円~200万円(1万円未満切り捨て)

※1 過去に本ファンドの助成を受けた団体の応募上限額は、100万円となります。
※2 選考の結果、助成決定金額が応募金額を下回る場合があります。
※3 応募事業を実施するために必要な経費とします。各費目の上限額や助成率等の制限はありません。

助成対象経費 <対象となる経費>人件費、事務所諸経費、諸謝金、旅費・交通費、消耗品・資材購入費、印刷費・通信運搬費など

<対象とならない経費>水道光熱費など日常の維持管理費、応募用紙に記載した費目以外の費用など

 

 

4.選考

選考の方法 選考は、下記の選考のポイントにもとづき、選考委員会にて行います。なお、選考の過程で、事務局より追加のヒアリングや資料の提出をお願いすることがあります。

 

選考のポイント  

①応募団体の適格性

・団体の沿革、理念、活動実績、実施体制、財政状況、専門性等は適格か。

・内外の組織や関係者等と適切なコミュニケーションを図り、活動の領域・分野を越えた連携が図られているか。

②応募事業の有効性

・応募事業の主旨が、本ファンドが助成対象とする活動と合致しているか。

・応募事業の目的・内容が具体的で、事業遂行の明確なビジョンと戦略を持っているか。

・実施計画とスケジュール、予算は妥当で、実現可能な内容となっているか。

③地域、社会への波及効果

・他のモデルとなるような独自の視点を持ち、先駆的な手法で取り組んでいるか。

・社会的認知が進んでいない潜在的な課題を把握し、その解決に挑んでいるか。

・助成期間終了後も、人や組織が成長し、事業の維持・発展が期待できるか。

 

選考のスケジュール

①一次審査(選考書類)  2018年11月

②二次審査(プレゼンテーション選考)2019年1月下旬

※二次審査 二次審査の対象は、一次審査通過団体のみとなります。詳細は、対象団体にのみ、12月中旬までにご連絡します。

 

選考の結果 選考結果は、2019年2月末を目途に文書にて採否をお知らせするとともに、採否宅した事業については中央ろうきんホームページ等で公開します。

 

5.助成決定後の流れ

助成方法 助成を受ける団体は、当基金と覚書を取り交わし、覚書に基づいて活動を実施することとし、原則2019年3月末までに助成金を交付します。
報告書 中間報告書を2019年10月末日までに、また完了報告書を2020年4月末日までにご提出いただきます。なお、助成期間終了時の使用額が助成額を下回った場合、残金はご返還いただきます。

贈呈式 2019年3月中旬に都内で開催する贈呈式にご出席いただきます。また翌年プログラムの贈呈式と同日に開催する交流会等にご参加いただきます。

その他 中央ろうきんのCSR・社会貢献活動に関する広報活動や協働事業にご協力願います。

6.応募方法

提出資料 ①応募用紙 1部

     ②最新の事業報告書および決算書類 1部

     ③会報等を発行している場合は最新のもの 1部

提出方法 上記の提出資料を、当基金まで郵送にてご提出ください(持込不可)。

応募用紙の入手方法 応募用紙・『記入の手引き』は、中央ろうきんホームページよりダウンロードのうえ、ご使用ください。

応募用紙の作成について 『記入の手続き』を参考に、パソコン(word形式)で作成ください。様式の修正等は認められませんのでご注意ください。また、作成後は必ず団体内で応募内容の共有を図ってください。

受付期間 2018年10月1日(月)~10月31日(水)〔消印有効〕

応募書類送付時の注意事項

〇応募用紙および添付資料は、ホチキス止めをせず、折り曲げずにお送りください。

〇提出資料は返却いたしませんのでご了承ください。

〇来訪による持込での提出は、受付しかねますのでご注意ください。

お問合せ・応募書類送付先 中央ろうきん社会貢献基金(中央労働金庫総合企画部内)

             〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5

             TEL 03-3293-2048 FAX 03-3293-2007

             E-mail  npo@chuo-rokin.or.jp 

 

応募に関する個人情報の取り扱いについて

応募用紙にご記入いただいた個人情報につきましては、「中央ろうきん若者応援ファンド」の運営やご応募いただいた皆様への連絡に利用します。また、取得した個人情報は中央ろうきん社会貢献基金が厳格に管理し、担当事務局および選考委員以外の第三者に提供することはありません。

2018年

10月

31日

中央ろうきん若者応援ファンド2019 募集のご案内

中央労働金庫

社会的不利・困難を抱える若者の”はたらく”を応援します

〇対象となる事業

(1)テーマ

【A】若者応援の出口をつくる、出口につなげるプログラム〔生活保障、生活支援、就労支援、中間的就労、雇用創出など〕

【B】若者と社会をつなぐ支援者(スタッフ・ボランティア)を育てるプログラム〔人材育成、スキルアップ、支援者拡大など〕

 

(2)活動

多様な人・組織が活動の分野や領域を越えて連携し、若者応援の仕組みやプログラムをスケールアップ・スケールアウトする活動

〇新規プログラムの仕上げ〔今回初めて取り組む活動〕

〇既存事業のスケールアップ〔自団体の活動の質の向上や、量・エリアの拡大を目指す活動〕

〇既存事業のスケールアウト〔ノウハウの移転やモデル展開を図る活動〕

 

〇対象となる団体

(1)営利を目的としない民間団体(NPO法人、任意団体など)であること。

(2)1都7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)を主たる活動の場としていること。

(3)団体として、代表者責任が明確であり、会計処理が適切に行われていること。

(4)反社会的勢力でないこと。

 

〇応募期間

2018年10月1日(月)~10月31日(水)<消印有効>

 

〇助成内容

(1)助成対象期間 2019年4月1日から翌年3月31日までの1年間

(2)助成総額 概ね1300万円

(3)助成金額 1団体あたり50万円~200万円

※1 過去に本ファンドの助成を受けた団体の応募上限額は、100万円となります。

※2 選考の結果、助成決定金額が応募金額を下回る場合があります。

2018年

10月

28日

来て、観て、歩こうあったか栃木市ウォーキング大会

栃木市・栃木市教育委員会

申し込まれた方全員に記念品プレゼント!

日時:平成30年10月28日(日)※雨天決行(荒天中止)

   受付開始午前7時 出発式午前8時 スタート午前8時20分

 

コース:

〇栃木市縦断 健脚コース(歩行距離約30kmフリーウォーキング)

ゴール後はバスでスタート地点までお送りします。

〇花と万葉・三毳山コース(歩行距離約20kmフリーウォーキング)

〇渡良瀬遊水地満喫コース(歩行距離約11km集団・フリーウォーキング)

集団ウォーキング…先導者に従って、史跡等の説明を受けたり休憩を入れたりし、集団で歩くウォーキングを言います。

 

集合場所:栃木市藤岡総合体育館(栃木市藤岡町藤岡1788)

 

参加料:大人…700円(高校生以上) 小中学生…200円 ※未就学児は無料

定員に余裕がある場合に限り、当日申込みを行います。

 

当日申込:大人…1000円(高校生以上) 小中学生…400円

※約30kmコースは当日申込みはございませんので、ご了承ください。

 

参加資格:特になし。ただし、小学生以下は保護者同伴とする。

 

定員:3コースを合計して1000人 ※約30kmコースは先着150名

 

記念品・景品:期間内に申込まれた方全員にオリジナルピンバッチ及び参加賞を配布。また、参加者には抽選により、景品を配布。※当日申込の場合、参加記念品がなくなる場合がありますので、ご了承ください。

 

持ち物:弁当、飲み物、雨具、帽子、タオル、健康保険証等

2018年

10月

20日

4回連続講座 三国志物語

とちぎの山車祭り伝承会

超!!紙芝居形式でお送りする歴史スペクタクル!

日時:1回目9/8(土)、2回目9/23(土)、3回目10/6(土)、4回目10/20(土)

場所:蔵の街観光館2階多目的ホール(栃木市万町4-1)

会費:4回で1000円(資料代・飲み物代)

申込み:各回限定30名

    栃木市観光協会内『伝承会』 TEL0282-25-2356

主催:とちぎの山車祭り伝承会/総務事務方担当

2018年

10月

14日

第8回歌麿まつり協働企画『歌麿と栃木』展 ー歌麿 その卓越した画力

ネットワークとちぎ

蔵プロジェクト~蔵のまち文化のショーウィンド~

日時:9月29日(土)~10月14日(日) 期間中の土・日・祝日 11:00~15:00

会場:旧永楽屋薬舗見世蔵 他(とちぎ蔵の街大通り・山本有三ふるさと記念館向い)

なお、当展関連として、太田屋・金澤家・釜利見世蔵でショーウィンド展示があります。

入場:無料

主催:ネットワークとちぎ

TEL 0282-24-9283

 

主な展示作品

◇喜多川歌麿 浮世絵<複製画>

「襟粧ひ」「台所美人」「画本虫撰み」「百千鳥狂歌合」

喜多川歌麿の浮世絵に温かなまなざしで描かれる江戸の世の市井の人々の営み、そして栃木町との関係をお楽しみください。

2018年

10月

13日

栃木蔵の街 第8回歌麿まつり特別企画 第3回幸来橋音祭

歌麿を活かしたまちづくり協議会

今年は歌麿協奏曲ライブとして喜多川歌麿の時代背景や情景などを音楽に取り入れ、各実力派アーティスト達が思考をこらせ歌麿の世界観と音楽の融合を表現します。

日にち:平成30年10月13日(土)※荒天の場合は10月14日(日)に延期

時間:第1部 14時~/第2部 16時~

内容:

第1部 14時~ 和太鼓演奏 鼓舞伎会 演目「橋音祭序曲」

     14時20分~ エレクトーン演奏 強口圭子

 

第2部 16時~ ricca&448 ライブ

     16時30分~ 和太鼓演奏 鼓舞伎会

     17時~ Sound Ties(サウンドタイズ)

     17時30分~ ウールカ&リズム・セクション ライブ

     18時10分~ 市原マサヒロ ライブ

 

主催:幸来橋の会

共催:歌麿を活かしたまちづくり協議会

お問合せ:幸来橋の会  E-mail  kouraihashi@gmail.com

2018年

10月

10日

スミセイ コミュニティスポーツ 推進助成プログラム 

公益財団法人 住友生命健康財団

コミュニティスポーツによる健やかなひとづくりと社会づくりにむけて

助成対象プロジェクト:

一般課題…地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につながる独自性のあるコミュニィスポーツの実践

特定課題…心身の障がいや長期療養などにより社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践

 

助成種別:

第1種助成…特定の地域を拠点として独自のコミュニティスポーツに取り組むもの

第2種助成…地域や分野の異なる複数の団体が協力してチームをつくりコミュニティスポーツの発展と普及に取り組むもの

 

助成金額:

第1種助成…1件あたり50万円以下、14件程度

第2種助成…1件あたり200万円以下、4件程度

※新規助成の総額は、第1種助成と第2種助成を合わせて1400万円を予定

 

助成の対象団体:

①民間の非営利団体(法人格の種類や有無を問わない)、あるいは民間の非営利団体を含む複数の団体によるチーム

②日本国内に活動拠点があり、原則として1年以上の団体運営と活動実績がある(チームの場合は構成団体の一つにおいてこの要件を満たしている)

③団体またはチームの目的や活動が政治・宗教などに偏っておらず、反社会的勢力とは一切関わっていない

※助成対象となる団体は、スポーツ分野を専門とする団体に限りません。なお、個人は対象になりません。

 

応募用紙の入手方法:第1種助成と第2種助成では応募用紙が異なります。各応募用紙は住友生命健康財団のURLよりダウンロードしてください。郵送をご希望の方は、郵便番号、住所、宛名、連絡先(電話番号)を明記し、「スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラム応募用紙郵送希望」とご記入のうえ、住友生命健康財団宛のFAXにてご連絡ください。

URL:http://www.skzaidan.or.jp

FAX:03-3352-2021

 

応募方法:

応募用紙に必要事項を記入した応募企画書を作成のうえ、10月10日(水)必着で、応募先に電子メール(PDF)、あるいは簡易書留・宅配便などの配達記録の残る手段でお送りください。

※持参での応募は受け付けません。※応募書類は返却いたしませんので、必ずデータを応募団体で保管してください。※電子メールでの応募があった場合は、事務局より受付完了の通知をします。郵送の場合はハガキで受付通知をお送りします。10月15日(月)までに通知がない場合は、お電話で事務局までお問い合わせください。※応募書類に記載の個人情報は、「公益財団法人住友生命健康財団の個人情報保護に関する基本方針」を尊守し、適切に管理します。

 

助成期間:

2019年4月1日~2020年3月31日(1年間)

※前年度の応募と選考を経て、次年度に継続して助成を行うことも可能です。

 

助成手続きなど:

助成決定後、助成に関する覚書を締結したうえで、助成金(金額)を振り込みます。助成対象者には2019年4月13日(土)に都内で開催する表彰式に参加いただきます。2019年10月末日までに中間報告書、2020年4月末日までに完了報告書を提出いただきます。

 

助成金の使途:

プロジェクトに関わる費用で下表の通りですが、必要なものはこれ以上も可とします。

・旅費交通費…交通費、宿泊費など

・謝金…講演料、翻訳量、通訳料など

・会議費…会場代、配布資料コピー代など

・通信運搬費…送料、電話代など

・印刷費…デザイン料、製本費、印刷代など

・資料費…図書、資料、文献購入など

・機材、備品費…スポーツ用具代など(1点30万円以内)

・消耗品費…各種文具等の購入費など

・事務局人件費…事務局のスタッフの人件費、アルバイト代など

・事務局諸経費…事務所の光熱費、家賃などの按分

 

選考結果:

選考結果は2019年3月8日までに全応募者宛てに文書にて通知します。なお、選考総評、助成対象一覧(プロジェクト名、団体またはチーム名、代表者名、助成金額を記載)、推薦理由などの選考内容は、住友生命健康財団のホームページ、メディア等へのリリースにて公表します。

 

選考結果:

選考結果は2019年3月8日までに全応募者宛に文書にて通知します。なお、選考総評、助成対象一覧(プロジェクト名、団体またはチーム名、代表者名、助成金額を記載)、推薦理由などの選考内容は、住友生命健康財団のホームページ、メディア等へのリリースにて公表します。

 

応募先・お問合せ先

公益財団法人住友生命健康財団 助成プログラム係(担当:谷利・天野)

〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-41住友生命四谷ビル6階 TEL:03-5925-8660

FAX:03-3352-2021 E-mail:sports@am.sumitomolife.co.jp

2018年

10月

08日

オクトーバーフェストin蔵の街2018 ドイツビール祭り

ドイツビール祭り実行委員会

おいしい本場のドイツビールやドイツ料理、音楽を楽しもう!

日にち:2018年10月5日(金)、6日(土)、7日(日)、8日(祝月)

時間:5日 17時~21時

   6日 12時~21時

   7日 12時~21時

   8日 12時~19時

会場:栃木警察跡地 栃木市室町11-3 デニーズ栃木室町店前

チケット:2200円(前売券は2000円)

チケット取扱い:(一社)栃木市観光協会 TEL 0282-25-2356

                          青木ソバ粉㈱ TEL 0282-24-0088

                          ㈱ティーエムアート TEL 0282-23-0778

                          サンプラザ   TEL 0282-23-5711

                          蔵の街遊覧船待合室 TEL 0282-23-2003

                          ㈱フットワーク TEL 0282-24-1622

問合せ先:(一社)栃木市観光協会 TEL 0282-25-2356

 

主催:ドイツビール祭り実行委員会

共催:とちぎ日独協会 特別後援:東武鉄道株式会社

後援:栃木市国際交流協会・(一社)栃木市観光協会・ドイツ大使館・ドイツ商工会議所・ドイツ観光局・ライライフツェン観光協会・山本有三記念会・小江戸とちぎ会・NPO蔵の街遊覧船・栃木市商店会連合会