くららのお知らせ

(仮)栃木でこども食堂をひらこう会議

日時:令和3年12月16日(木) 19:00~20:30

場所:キョクトウとちぎ蔵の街楽習館 市民活動室2(4階)

参加費:無料

内容:栃木市内で子ども食堂を開設・運営するための話しあいを行います。

対象:栃木市内での子ども食堂の開設やお手伝いに興味がある方

申込方法:お名前・所属・連絡先を添えて、電話・FAX・メール、HP の申込フォームよりお申込みください。

申込締切:12月 15日(水)

申込先:とちぎ市民活動推進センターくらら TEL 0282-20-7131  FAX 0282-20-7132 

                     メール kurara-tochigi@cc9.ne.jp

主催:くらら利用者協議会

 

 

お申込みフォーム

お名前・所属・連絡先をご記入のうえ、お申込みください。

メモ: * は入力必須項目です

とちぎの相談室

悩んでいるけれど、どこに相談したらいいのかわからない。安心して相談できる窓口はどこだろう。そんな方にむけて栃木県内にある相談機関を掲載しました。ご自身の悩みにあった窓口へ相談してみてください。

【掲載している相談対象】

子育て/子どもの不登校/子どもの発達障害/妊娠/不妊/出産/学校生活の悩み/家族の悩み/ひきこもり/いじめ/法律相談/DV相談/健康相談/就職相談/食べ物に困っている/里親について/自死について/認知症/知的障害/アルコール依存症/ギャンブル/薬物/精神疾患…など







運営 NPO法人 そらいろコアラ

   妊娠したかも…子育ては大変!相談できる人がいない…

   出産の準備って何すればいいの?妊娠・出産・子育てにまつわる、どんな相談も受け

   止めます。そらいろコアラは、誰もが健康で、安全に、安心して生活できる社会を目  

   指す団体です。小児科医や助産師、保育士など、専門家が多く所属いています。

 

HP  npo-sorairokoala.jimdofree.com/

SNS  Twitter@sorairo_koala Instagram sorairo_koala


栃木市 こどもサポートセンター

こどもサポートセンターはすべての子どもたちの豊かな社会参加と共生を目指して子どもの成長を地域全体で支えていきます。

 

対象 お子さんの心や育ちについて、悩んでいる保護者の方

方法 対面にて相談(事前に電話にて予約をお願いいます)

   TEL 0282-20-7705(受付時間は、平日午前9時から午後5時です)

   ※医師の相談は第2・4金曜日となります。


運営 栃木市 こどもサポートセンター

   お子さんの心や育ちについて、医師や専門家に気軽に相談できる場所です。お子さん

   のご様子(行動に落ち着きが無い、気持ちのコントロールが苦手、友達とうまく関われ

   ないなど)や保護者の方が心配していることをお伺いし、必要に応じた検査や支援にお

   つなぎします。

 

HP http://www.city.tochigi.lg.jp/



運営 栃木県総合教育センター~とちぎ学びの杜~

HP kyouikusoudan.pdf (tochigi-edu.ed.jp)


運営 栃木市社会福祉協議会

   キッズホームとちぎでは、心身の発達に心配のある就学前のお子さんを対象  

   に、保育を通して、お子さんの状態に応じた療育訓練事業を行っています。   

   利用についての相談、見学、またお子さんの発達についてのご相談等随時受

   けつけています。

 

HP 児童発達支援事業 | 栃木市社会福祉協議会 (tochigishi-shakyo.or.jp)





あかちゃんすくすくテレフォン相談

ひとりぼっちじゃないですよ。すこし、お話してみませんか。ご自分のこと、お子さんのこと、ご家族のこと。家族みんなの笑顔のためにお手伝いします。

 

対象 お子さんん自身から学校や家族についての相談

方法 月曜日~金曜日 午前9時から午後5時(休日を除く)

   電話相談    028(623)4152

   来所相談  来所での相談は予約制です。事前にご連絡ください。

         〒321-0974 栃木県宇都宮市竹林町945-1

   mail相談    nikoniko@sunyuuji.org 

   FAX相談  028(626)5781 

   看護師、臨床心理士などの専門スタッフが相談に応じます。

    ご相談は無料です。秘密は厳守いたします。

   ※メール・FAXは24時間受け付けておりますが、お返事につきましては下記  

   相談時間内とさせていただいております。また、相談の内容によってはすぐ

   にお返事できない場合もございますので、ご了承ください。

運営 栃木県済生会宇都宮乳児院

   より便利に、快適に。地域に親しまれる魅力ある施設をめざして。豊かな人

   格形成のめの「育ちの空間」を提供します。児童家庭支援センターでは、

   学校のことや家族のことなどお子さん自身からの相談はもちろん、子育てに

   お困りの保護者からの相談もお受けしております。

 

HP 児童家庭支援センター にこにこ広場|栃木県済生会宇都宮乳児院(公式ホームページ) (sunyuuji.org)



家庭教育ホットライン

お子さんの育児・子育て・しつけなど家庭教育のこと、学習・進路・不登校など学校生活のこと、いじめなどの対人関係のことなどで、困っていることや悩んでいることはありませんか?ぜひご相談ください。

 

対象 子育て、家庭教育などでお困りの保護者

方法 電話相談 TEL 028(665)7867

   受付時間 月曜日~金曜日 午前8時半~午後9時半

        土曜日 午前8時半~午後5時半

   (上記時間以外と日曜日・祝日・年末年始等は、留守番電話・FAXで受け付けます)

運営 栃木県教育委員会

 

HP 栃木県/「ホットほっと電話相談・メール相談」のご案内 (tochigi.lg.jp)


フードバンク うつのみや

「もったいない」を「ありがとう」に

 

対象 食べ物に困っている方、福祉施設、子ども食堂

方法 基本は事務所へ直接お越しいただいてからの食品提供

   生活保護を利用されている方は担当のケースワーカーからの連絡が必要

   〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田2-5-1

   TEL 028-622-0021


運営 NPO法人 フードバンク うつのみや

   私たちは、食品の提供前に生活状況の聞き取りを行い、適切な支援機関に繋ぐなどの

   「総合相談支援」を実施しています。相談機能を有したフードバンク団体は非常に稀  

   です。公的支援の対象外となってしまう方を支援できることが私たち民間のフードバ

   ンク団体の強みです。

 

HP    https://fbu2189.org

SNS Twitter@FB_utsunomiya_



栃木フォスタリングセンター

栃木フォスタリングセンターとは、ひとりでも多くの子どもが家庭のぬくもりを感じながら望ましい環境で安心して生活できるよう、里親さんの養育を包括的に支援する機関です。

対象 里親制度について詳しく知りたい方、初めて子どもを養育する方、養育に関する悩みを持つ方

方法 来所相談、電話相談

   火曜日~土曜日(日、月、祝祭日、年末年始を除く)

   9時~17時

   TEL 028-612-6970

   FAX 028-612-6971

   Mail tfc2021@circus.ocn.ne.jp

   宇都宮市駒生町1837番地3

   関東バス「中丸・大谷」行き 山崎街道入り口バス停徒歩5分

   駐車場があるので自家用車での来所も可能です。

運営 一般社団法人とちぎ家庭養育推進協議会

 

HP 栃木フォスタリングセンター (tfc2021.jp)




とちぎ権利擁護センターあすてら

認知症や知的障害など何らかの障害により、判断能力が十分でない方を対象に、地域で安心して自立した生活が送れるよう、さまざまな相談に対応しながら、福祉サービスの利用援助を行うところです。

 

対象 認知症や知的障害など何らかの障害により、判断能力が十分でない方

方法 1.お住まいの市町社会福祉協議会にご連絡ください

     専門知識を持った担当職員が自宅等を訪問し、相談をお受けします。

   2.支援計画をつくります。

     希望をお聞きしながら、契約内容と支援のしかたを提案します。

   3.契約の締結、サービスの開始。

     利用者と社会福祉協議会とが契約を結び、支援計画にそって、生活サービスを

     提供します。

   TEL 0282-20-7755 

運営 栃木県社会福祉協議会 とちぎ権利擁護センター「あすてらす」

 

HP 栃木県社会福祉協議会 日常生活自立支援事業(とちぎ権利擁護センターあすてらす) (tochigikenshakyo.jp)




運営 一般社団法人 社会包摂サポートセンター

   この団体はどんなひとの、どんな悩みにもよりっそって、一緒に解決する方法を探しま

       す。電話の先では専門の相談員がお待ちしています。一人で抱え込まずにお電話くださ

       い。

 

HP http://279338.jp/


【その他、各地域にある相談窓口】


精神保健福祉センター

精神保健福祉センターは、精神保健及び精神障害者の福祉に関し相談及び指導を行うことになっています。 精神保健福祉センターの目的は、地域住民の精神的健康の保持増進 精神障害の予防 適切な精神医療の推進から、社会復帰の促進、自立と社会経済活動への参加の促進のた めの援助に至るまで広範囲にわたっています。

 

対象 ひきこもり、アルコール、ギャンブル、薬物、精神疾患、心身の不調、自殺者遺族、

   自殺願望に関してお悩みの方

方法 こころの健康に関する相談をご希望の方

   TEL 028-673-8341(こころのダイヤル)

      平日9時~17時

   詳細⇛こころのダイヤル

 

   医療機関(医療情報)をはじめとした情報を知りたい方

   TEL 028-673-8785

      8時30分~17時15分(土日・祝祭日・年末年始を除く)

   栃木県内の医療機関についての情報を掲載しています⇛とちぎ医療情報ネット




薬物相談窓口

覚醒剤や大麻などの違法薬物に関する相談は年々増加じており、乱用者の家族から、その対応等についての質問が多く寄せられます。一人で悩まず、まず相談!

 

対象 薬物に悩んでいる本人、家族

方法 電話相談 TEL 028-623-3779(栃木県保健福祉部薬務課)

   メ‐ル相談  mail yakuran184@proof.ocn.ne.jp 

   その他に栃木県では以下の機関でも薬物に関する相談を受け付けしています。

HP 栃木県保健福祉部薬務課




子ども食堂でつくるあたたかい地域 ~栃木ではじめてみよう~

1回目の研修を受け、身近な地域の「居場所」としての子ども食堂を立ち上げてみたいという機運が高まっています。そこで、誰が利用できるの?どうやって運営するの?

みんなが思う疑問について考え、一緒にあたたかい栃木市(地域)をつくりましょう!

 


日       時 令和3年10月30日(土) 15:00~17:00

参加方法   会場 〈キョクトウとちぎ蔵の街楽習館〉 15名程度

               オンライン 〈Zoom〉 10名程度

参 加  費 無料

対       象 栃木市内での子ども食堂の開設やお手伝いに興味がある方

内       容 栃木市内で子ども食堂を開設・運営することについて具体的に考えながら、

          鹿沼市内で子ども食堂を開くネットワークの皆さんから実践的なノウハウを学び                     ます。

講    師 加藤 美智子さん(子ども食堂ネットワークかぬま元事務局長)

               大出 治夫さん(子ども食堂「たけのこ」を運営) 

               福田 由美さん(学習支援事業「いちご塾」を運営)

               小尾 柚月さん(子ども食堂「にじのわ」を開設して1年目) 

            ※講師は、予告なく変更になる場合もありますのでご承知ください

申込方法   お名前・所属・連絡先・参加方法および講師への質問を添えて、

       電話・FAX・メールまたはHPの申込フォームよりお申込みください。

申込締切   10月23日(土)

申  込 先    とちぎ市民活動推進センターくらら 

                  TEL 0282-20-7131 FAX 0282-20-7132

                  E-mail kurara-tochigi@cc9.ne.jp

主      催    くらら利用者協議会


お申込みフォーム

お名前・メールアドレス・参加方法(必須)

メッセージ欄に所属および講師への質問(任意)

をご記入のうえ、お申込みください。

お申込みを確認後、Zoomの招待メールをお送りいたします。

メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
チラシ
2子ども食堂 チラシ.docx
Microsoft Word 428.3 KB
ダウンロード
チラシ
2子ども食堂 チラシ.pdf
PDFファイル 224.1 KB

子ども食堂でつくるあたたかい地域 ~鹿沼での取り組み~

地域の居場所として子ども食堂の活動が広がっています。

誰が利用できるの?どうやって運営するの?

みんなが思う疑問について考え、一緒にあたたかい栃木市(地域)をつくりましょう!

 


日  時 令和3年9月17日(金) 19:00~20:45

参加方法 ①会場 〈キョクトウとちぎ蔵の街楽習館 大交流室〉

     ②オンライン 〈Zoom〉

参加費 無料

内  容 第1部:講師による講演・質疑応答 19:00~19:50

     第2部:グループワーク・質疑応答 19:55~20:45

申込み お名前・所属・連絡先・参加方法および講師への質問を添えて、

     電話・FAX・メールまたはHPの申込フォームよりお申込みください。

申込締切 9月12日(日)

申込先 とちぎ市民活動推進センターくらら TEL 0282-20-7131 FAX 0282-20-7132

                       E-mail kurara-tochigi@cc9.ne.jp

主  催 くらら利用者協議会

 


お申込みフォーム

お名前・メールアドレス・参加方法(必須)

メッセージ欄に所属および講師への質問(任意)

をご記入のうえ、お申込みください。

お申込みを確認後、Zoomの招待メールをお送りいたします。

メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
子ども食堂 チラシ.docx
Microsoft Word 512.2 KB
ダウンロード
子ども食堂 チラシ.pdf
PDFファイル 269.0 KB

いま、高校生のみなさんと考えたい「人と地域と自分のために私たちにできること」

 

地域や社会をより良くしたい

地域でいろんな経験をしてみたい

そんな想いをもつ高校生のみなさんのオンライン交流会を開催します!

 

想いを共にする仲間と出会い

私たちにできることを考えてみませんか?



◯ 日時:2021年8月22日(日)14:00〜15:30

◯ 対象:栃木市に在住または通学している高校生

◯ 参加方法:オンライン(Zoom)での参加

◯ 申込方法:メールまたは申込みフォームよりお申し込みください。

◯ 申込締切:8月20日(金)

◯ 申込先:とちぎ市民活動推進センターくらら

   TEL 0282-20-7131

   E-mail kurara-tochigi@cc9.ne.jp


<当日の流れ>

学生団体(トークゲスト)による活動紹介

参加者との意見交換


<トークゲストのテーマと活動内容>

栃木農業高校 農業環境部 地域デザイン班

伝統工芸 SDGs

栃木市の伝統工芸品「ほうき」を次世代へ!原料の有機栽培とほうきの手作り体験会を広げて、耕作放棄地の解消と持続可能なビジネスモデルを提案!

活動紹介動画(YouTube)

2020年度全国高校生農業アクション大賞認定校15校に選出(JA全中・毎日新聞社)

エシカル甲子園2020入賞(徳島県教育委員会・徳島県)


とちぎ高校生蔵部

まちづくり 災害支援

栃木市の高校生を中心に学校の枠組みを超えて、栃木市高校生合同文化祭の開催、散策マップの制作など、まちづくり活動に幅広く取り組んでいます!

栃木市高校生合同文化祭(特設サイト)



Hello - Coffee

みんなの居場所 多世代交流カフェ

コーヒーとほうじ茶で街角に世代を超えた輪をつくるために、大学生+高校生で運営する出張カフェ。様々な人が交流できる場ときっかけを増やそう!



<聞き役・進行役>

大波 龍郷

・とちぎ市民活動推進センターくらら 副センター長

・パーラートチギ 代表


お申込みフォーム

お名前・メールアドレス(必須)

メッセージ欄に学校名・学年(任意)

をご記入のうえ、お申込みください。

お申込みを確認後、Zoomの招待メールをお送りいたします。

メモ: * は入力必須項目です

いま、高校生のみなさんと考えたい「人と地域と自分のために私たちにできること」

 

地域や社会をより良くしたい

地域でいろんな経験をしてみたい

そんな想いをもつ高校生のみなさんのオンライン交流会を開催します!

 

想いを共にする仲間と出会い

私たちにできることを考えてみませんか?



◯ 日時:2021年8月22日(日)14:00〜15:30

◯ 対象:栃木市に在住または通学している高校生

◯ 参加方法:オンライン(Zoom)での参加

◯ 申込方法:メールまたはWeb申込みフォームよりお申し込みください。

◯ 申込先:とちぎ市民活動推進センターくらら

   TEL 0282-20-7131

   E-mail kurara-tochigi@cc9.ne.jp


<当日の流れ>

学生団体(トークゲスト)による活動紹介

参加者との意見交換


<トークゲストのテーマと活動内容>

栃木農業高校 農業環境部 地域デザイン班

伝統工芸 SDGs

栃木市の伝統工芸品「ほうき」を次世代へ!原料の有機栽培とほうきの手作り体験会を広げて、耕作放棄地の解消と持続可能なビジネスモデルを提案!

活動紹介動画(YouTube)

2020年度全国高校生農業アクション大賞認定校15校に選出(JA全中・毎日新聞社)

エシカル甲子園2020入賞(徳島県教育委員会・徳島県)


とちぎ高校生蔵部

まちづくり 災害支援

栃木市の高校生を中心に学校の枠組みを超えて、栃木市高校生合同文化祭の開催、散策マップの制作など、まちづくり活動に幅広く取り組んでいます!

栃木市高校生合同文化祭(特設サイト)



Hello - Coffee

みんなの居場所 多世代交流カフェ

コーヒーとほうじ茶で街角に世代を超えた輪をつくるために、大学生+高校生で運営する出張カフェ。様々な人が交流できる場ときっかけを増やそう!



<聞き役・進行役>

大波 龍郷

・とちぎ市民活動推進センターくらら 副センター長

・パーラートチギ 代表


お申込みフォーム

お名前・メールアドレス(必須)

メッセージ欄に学校名・学年(任意)

をご記入のうえ、お申込みください。

お申込みを確認後、Zoomの招待メールをお送りいたします。

メモ: * は入力必須項目です

大切な人の『つらい』に、今、なにができるか

- 子ども・若者の生きづらさに寄り添うNPOとともに -


/// 画像クリックまたはQRコードからYouTube動画が見られます ///

 

このコロナ禍で

子ども・若者とその保護者が抱える不安が

より切実なものとなっています。

「不登校」や「妊娠」という

誰にでも起こりうることが

生きづらさへとつながってしまう社会。

 

その一方で、生きづらさを抱える人たちに

寄り添いたいと願う人たちは必ずいます。

 

私たち一人ひとりが、

気持ちを寄せ合い、手と手を合わせ、

みんなが安心できる

あたたかな社会をつくるために

今、なにができるのかを

考えていきたいと思います。

 

< 講師 >

土橋優平さん / NPO法人キーデザイン

鳥飼蓬子さん / NPO法人そらいろコアラ

 

< 聞き役 >

松本春美さん / NPO法人栃木おやこ劇場

石林正男さん / 栃木登校拒否を考える会

 

< 進行 >

18:30

開催趣旨の説明

18:40

それぞれの社会課題に対して

どのような事業を行なっているのか?

(講師による事業紹介)

19:10

対話①

生きづらさを抱えている当事者について

(背景とその問題、求められていること)

19:40

小休止

19:50

対話②

寄り添いたいと願う人たちに対して

(今、私たち一人ひとりにできること)

20:30

終了 

とちぎ市民活動推進センターくららの移転について

とちぎ市民活動推進センターくららは、令和341日(木)から、キョクトウとちぎ蔵の街楽習館(栃木市市民交流センター)の館内へ移転を予定しています。

 

〇令和341日から変わる点
住所:〒3280016 栃木市入舟町68

印刷機等の利用:交流センターが貸し出す印刷機を利用していただくため、受付は交流センターの事務所にてお願い致します。料金は今と変わりません。

〇今まで通り変わらない点

開館時間:10002100(日曜・祝日は10001700

休館日:毎週水曜・年末年始(1229日~13日)

連絡先:TEL 0282207131 FAX 0282207132 メール kurara-tochigi@cc9.ne.jp

貸部屋数:2部屋(それぞれ20人程度利用可能)

部屋の利用料:無料

 

 

※移転準備のため、令和3310日(水)から331日(水)までくららを休館させていただきます。休館中も部屋の貸出は行いますが、310日以降は交流センターのお部屋をお使いいただきます。ご予約はくらら(0282207131)へお申込みください。ご迷惑おかけしますが、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。